東京都練馬区にある遊園地「としまえん」で、1966年のサービス開始以来、半世紀以上にわたって来場者に親しまれてきた名物アトラクション「ミステリーゾーン」が、VR(仮想現実)を使った次世代お化け屋敷「怨霊廃線VR」として生まれ変わった。2017年12月22日から2018年4月9日までの期間限定オープンとなる。

オープン以来ほぼ変わらぬ姿で続いてきた「ミステリーゾーン」が「怨霊廃線VR」になった。半世紀ぶりの大進化を、増改築なしに実現している点がユニーク
[画像のクリックで拡大表示]

 この「怨霊廃線VR」は、西武鉄道、豊島園、そしてVRコンテンツの製作を手がけるダズルのコラボによって実現した。西武鉄道としては、VR技術を鉄道事業への活用するにあたっての検証も目的のひとつとして見据えているのだそうだ。

 しかもこの「怨霊廃線VR」は、「鉄道の職業体験要素を含ませており、『エンターテインメント』『教育』『VR技術』のさまざまな魅力に触れていただけるアトラクション」なのだという。この一文に見事釣られた筆者は、早速体験してきた。