2017年11月21日、任天堂はスマートフォンゲームの新作「どうぶつの森:ポケットキャンプ(ポケ森)」の配信を全世界で始めた。自社IPで任天堂自身が作ったスマホゲームとしては、2016年12月の「スーパーマリオ ラン」、2017年2月の「ファイアーエムブレム ヒーローズ」に続く3作目となる。
 果たしてポケ森は任天堂にとって成功体験になり得るのか。スマホゲームに詳しい3人の識者にそれぞれ論じてもらう。3人目の論者はスマホゲームレビューの人気サイト「ゲームキャスト iPhone」の管理人、ゲームキャスト トシ氏にお願いした。(編集部)

【このシリーズのこれまでの記事】
遊ぶ「目的」を設定、任天堂『どうぶつの森』スマホ版
任天堂『どうぶつの森』スマホ版はここが残念!

スマホ版「どうぶつの森」はサービス満点だ!
(イラスト:闇雲)
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォン(スマホ)版の「どうぶつの森」こと「どうぶつの森 ポケットキャンプ(以下、ポケ森)」は日本で記録的なヒットを叩き出し、任天堂のスマホゲームの中でも「スーパーマリオ ラン(マリオラン)」に次ぐ1500万ものダウンロード数を記録しました。日本ではトップセールスチャートの10位以内に入り、その点でも話題になっています。しかしこうした売り上げ面での大成功は任天堂にとってもはや副次的な要因にすぎないと私は考えています。

 ポケ森には任天堂が託した真の目的があり、その目的を果たすために他社には真似できない任天堂ならではの最高の仕掛けが仕込まれています。今回は任天堂の真の目的とそのために用意されたゲームの仕掛けについて説明します。

「どうぶつの森 ポケットキャンプ」の起動画面
(出所:任天堂 (c)Nintendo)
[画像のクリックで拡大表示]