2017年11月21日、任天堂はスマートフォンゲームの新作「どうぶつの森:ポケットキャンプ(ポケ森)」の配信を全世界で始めた。自社IPで任天堂自身が作ったスマホゲームとしては、2016年12月の「スーパーマリオ ラン」、2017年2月の「ファイアーエムブレム ヒーローズ」に続く3作目となる。

 果たしてポケ森は任天堂にとって成功体験になり得るのか。スマホゲームに詳しい3人の識者にそれぞれ論じてもらう。トップバッターはゲームジャーナリストの野安 ゆきお氏だ。(編集部)

 任天堂の新作スマホゲーム「どうぶつの森 ポケットキャンプ(ポケ森)」。結論から先に言うと「今の段階では正しい評価が難しい」とわたしは感じています。

「どうぶつの森 ポケットキャンプ」は任天堂の観測気球?
(イラスト:闇雲)
[画像のクリックで拡大表示]

 申し遅れました。野安ゆきおと申します。わたしはゲームライターという仕事をしておりまして、ゲームの中身はもちろん、その歴史上の意義を論評するのは最大の関心事の1つです。ですが、ポケ森の論評は難しい。だってこれ、任天堂が打ち上げた巨大な観測気球、惑星探査用ロケットみたいなものですもん。最大の目的はデータ収集、だから採算をさほど気にしない、そう考えないといろいろ辻褄が合わないんです。