[画像のクリックで拡大表示]
記事の主な内容
●ウォークマンはなぜ復活しているか
●どんなモデルがあるのか
●ハイレゾの入門機、Aシリーズ
●高音質を狙うならNWシリーズ
●ノイズキャンセリング対応で1万円台前半の機種も
●スマホ無しで使えるスポーツ用途モデル
●どう選べばいいのか

 ソニーの「ウォークマン」は、同社が1979年にステレオカセットプレーヤーとして1号機を発売した携帯音楽プレーヤーのブランドである。その名前に特別な感慨を覚える人も多いだろう。

 数十年の時を経て、音楽再生メディアは音楽CD、デジタル音楽へと移行したが、携帯音楽プレーヤーとしてウォークマンの名前を耳にすることが最近増えた。実はウォークマンは復活を遂げているのだ。市場調査会社GFKによると、2015年4〜12月のハイレゾ対応ウォークマンの国内販売は前年に比べて約30%伸びている。

日本人のライフスタイルに合う

 ではなぜ、ウォークマンが復活しているのだろうか。

 今、携帯音楽プレーヤーを「ただ欲しい」という需要はあまりない。iPhoneやスマートフォンでも手軽に音楽を聴くことができることもあり、ただ音楽を聴くなら、専用の音楽プレーヤーを買う必要はないからだ。あれだけ人気だったアップルのiPodですら、電車の中でも利用者を見る機会は激減した。

 そんな中、ウォークマンが選ばれる理由はいくつかある。

 一つは、「ハイレゾ」対応の高音質である。いつの時代も高音質な音楽を聴きたいというニーズを求めると専用の音楽プレーヤーに行き着く。

 次に「利便性」がある。例えば、ウォークマンはノイズキャンセリングに対応しているが、通勤・通学の電車内で音楽を聴く日本人のライフスタイルにマッチした製品を次々に投入していることが復活の理由の1つだ。

 最後に、多機能のスマートフォンにはない「操作性のよさ」がある。スマートフォンでは音楽以外にゲームアプリやLINEといった用途があるが、ランニング中のようにスマートフォン操作には不向きなシチュエーションでは専用プレーヤーのほうが操作性がよい。