レコチョクが2016年12月15日、フィーチャーフォン向け「着うた」「着うたフル」の楽曲配信を終了した。モバイル向け音楽配信の先駆者でもある同社の取り組みを振り返り、着うた・着うたフルが音楽配信にもたらした影響、そしてスマートフォン時代に入って大きく変化している、音楽配信の現在と今後を追ってみた。

「着うた」はモバイル音楽配信の先駆け

 NTTドコモがiモード対応の端末を、一部を除いて年内に出荷終了すると発表するなど、一時代を築いたフィーチャーフォン(従来型携帯電話、ガラケーなどとも呼ばれる)の終焉(しゅうえん)を感じさせる出来事が相次いだ2016年。その年の瀬を迎えた迎えた12月13日にも、フィーチャーフォンの終焉を感じさせる発表があった。それは音楽配信サービスを手掛けるレコチョクが、フィーチャーフォン向け「着うた」「着うたフル」の配信サービスを終了すると発表したことである。

着うた・着うたフルの配信終了を発表した「レコチョク」のWebサイト。スマートフォンやPC向けのサービスは継続している
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートフォン時代に入り、モバイルで音楽をダウンロードし、楽しむという行為は一般的なものとなっている。だが実は、モバイルで音楽を楽しむという文化を作り上げることに貢献した企業の1つがレコチョクであり、レコチョクを抜きにして、モバイルと音楽の歴史を語ることはできないといっても過言ではない。

 レコチョクは元々2002年に、エイベックスネットワーク(現・エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ)やソニー・ミュージックエンタテインメント、ビクターエンタテインメント(現・JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)など複数の国内レコード会社が出資し、「レーベルモバイル」いう名称で設立した。その設立間もないレーベルモバイルが注目された大きな理由は、今回終了を発表した「着うた」の配信を、2002年に他社に先駆けて開始したことだ。

 着うたは、サビの部分など30秒程度の楽曲の一部を、そのまま携帯電話でダウンロードして聴いたり、着信音に設定したりできるサービス。auが同社の3Gネットワーク(CDMA2000 1x方式)の高速性を生かしたサービスとして着うたを採用し、同時にレーベルモバイルは、その着うたを配信する「レコード会社直営」というサービスを立ち上げたのである。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
初の「着うた」対応機種の1つである、auの日立製端末「A5303H」。当時テレビCMにも起用されていた、ケミストリーの楽曲の着うたがプリインストールされていた

 2002年当時は、通信方式も現在の「4G」の2世代前となる2Gが主流であり、データ通信も現在とは比較にならないほど低速で、しかも高額だった。そのため当時、携帯電話で楽しめる音楽といえば、“譜面”となるデータをダウンロードし、携帯電話側でそれを再生して音を鳴らす「着メロ」のみだった。30秒程度とはいえ、携帯電話だけで楽曲を直接ダウンロードして楽しめる着うたは非常に大きなインパクトを与え、人気となったのである。