任天堂が配信したスマホゲーム『スーパーマリオ ラン』は今までのマリオと何が違い、どこが面白いのか? 早速ゲームをやり込んだベテランゲームライターが分析する。

[画像のクリックで拡大表示]

「ただのジャンプ」が面白い

 2016年12月16日未明に配信が開始された、iPhoneおよびiPad用ゲームアプリ『スーパーマリオ ラン』。「片手でプレーできるマリオ」というキャッチコピーを見て、そんな操作方法で『マリオ』シリーズの楽しさが再現できるのかなぁ……と不安に感じていた方も多かったことでしょう。

 でも、ご安心ください。いざプレーしてみれば分かりますが、ほんと、よくできたゲームです。「まぎれもなく『マリオ』の最新作だよ!」と心から納得できる完成度なのです。

 操作はシンプル。『スーパーマリオ ラン』には、マリオを移動させるための操作はなく、マリオはオートで右に走ります。これまでの『マリオ』シリーズでも、画面が強制的にスクロールしていくステージがありましたが、あれが全編にわたって続くようなものだと考えてください。最後まで走破すればステージクリアとなります。

 プレーヤーが行うのは「画面をタッチ」し、的確なタイミングで、マリオをジャンプさせることだけ。あまりにシンプルな操作方法ですが、これが任天堂の手にかかると、「ただのジャンプがこんなにも面白くなるのか! 繊細なアクションが可能になるのか!」と舌を巻くほどの、抜群の面白さを見せてきます。

 昨今の家庭用ゲーム機のアクションゲームは、たくさんのボタンを押すことを要求するものが主流になっていますが、そんな風潮に挑戦状を叩きつけるかのように、任天堂が「たったひとつの操作方法(画面へのタッチ)だけで、こんなにも面白いアクションゲームは作れるんだぜ!」と宣言するかのようなゲームといっていいでしょう。

マリオはオートで右に走っていく。敵キャラを避けてゴールを目指そう。(C)2016 Nintendo
[画像のクリックで拡大表示]
もちろん地下ステージもあり。高い位置へ一気にジャンプ!(C)2016 Nintendo
[画像のクリックで拡大表示]
ワールドの最後にはクッパが待っている。クッパの背後にある斧に触れるとクリアとなる。(C)2016 Nintendo
[画像のクリックで拡大表示]