JTB西日本とシャープは、シャープのモバイル型ロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」を使用した、京都の観光事業で協業する。この事業は、ロボットクリエイターの高橋智隆氏が監修を、ロボットエンターテインメントの企画などを手掛けるGENが企画・プロデュースを担当し、一般社団法人ロボット工業会による「平成29年ロボット導入実証事業」としても採択されている。商品としては、エースJTBから「RoBoHoNと行く『ロボ旅』(京都)」(首都圏発)として、2017年12月15日から販売を開始する。

JTB西日本執行役員 法人営業大阪支店長の北村豪氏とシャープIoT通信事業本部コミュニケーションロボット事業統括部 市場開拓部の景井美帆部長
[画像のクリックで拡大表示]
ロボット事業は右肩上がりで市場の拡大が見込まれており、観光分野での実装を視野にいれ、実証実験を行う
[画像のクリックで拡大表示]
シャープ、JTB西日本、GENとロボットクリエイターの高橋智隆氏により検証する
[画像のクリックで拡大表示]

 ロボ旅で使用するロボホンは、ロボ旅専用にカスタマイズされており、京都東山エリア約100か所の観光ガイドを行う。ロボ旅と契約した20の店舗では、ロボ旅を利用している観光客に特別のおもてなしをするサービスを用意。Bluetoothビーコンを使用した4つの店舗では、店舗や商品のより詳しい情報を提供する。英語と中国語に対応しており、それぞれの言語で観光ガイドや店舗案内、音声入力による通訳もしてくれる。

ロボ旅ロボホンには、観光客に貸し出され、一緒に旅をしながら名所や店舗の説明をしてくれるロボホンと、店の看板ロボットとしてサービスの案内を多言語で行うロボホンがいる
[画像のクリックで拡大表示]
今回は4か所の店(飲食・体験施設)にロボ旅ロボホンを設置。日・中・英の3カ国語でサービスの案内をしてくれる
[画像のクリックで拡大表示]
今回対象となるエリアは、京都東山エリア。挙水寺から円山公園周辺の名所をロボホンが案内する
[画像のクリックで拡大表示]