[画像のクリックで拡大表示]

 アップルの10.5インチ「iPad Pro」を手に入れてから、ずっと心待ちにしていたイギリスBRYDGE社のiPad Pro用Bluetoothキーボード「BRYDGE 10.5」(1万6650円)が発売された。

 日本国内ではリンクスインターナショナルが総代理店として取り扱いを開始。筆者は発売日に購入し約1カ月使い込んだので、その使い勝手をリポートしたい。

iPad Proと一体化するキーボード

 筆者はこれまで、購入したiPadに必ずキーボードを組み合わせて使ってきた。キーボードのほうが長い文章を楽に入力できるのが最大の理由だ。

 12インチのMacBookも持っているが、手書きでメモを取ったり、説明図やラフ図を描いたりするにはiPad ProとApple Pencilの組み合わせのほうが使い勝手がよい。キーボード付きのiPadだけで作業が終わることもある。

 iPad ProにiOS 11が搭載されてからは、ドラッグ・アンド・ドロップやマルチタスク操作を行う際にもキーボードがあると使い勝手がよい。iPadとキーボードを組み合わせて、パソコンのように使える場面が以前よりも増えてきた。

 iPad Pro用キーボードならアップル純正のキーボード「Smart Keyboard」があると、多くの人は思うだろう。筆者も10.5インチiPad Proと同時に購入した。普段はiPad Proの画面カバーとして使い、組み立てればキーボード兼スタンドになる。薄くて軽いので、画面カバーとして使っている時でもキーボードが気にならないところがよい。

 しかしノートパソコンのキーボードと比較すると打鍵感に不満が残る。iPad Proを開ける角度も固定なので、置き場所によっては打ちづらい。キーボードとして使う前に組み立てなければならない点も面倒に感じる。

 それに比べ、BRYDGE 10.5は独自のヒンジを持ち、iPad Proを挟み込むことによって一体化する。MacBookのようになるので、使う時はiPad Proを起こせばすぐに使える。

 最大180度、キーボードとiPad Proが平らになるまで開き、どの角度でもぐらつくことなくキープできる。大きく開けば、Smart Keyboardでは打ちづらい低いテーブルや、膝の上でも楽にキーボードを操作できる。筆者がこのタイプのキーボードを選ぶ際に重要視している点は、この使い勝手の良さだ。

 ヒンジは丈夫なアルミ製でiPad Proと触れる部分はシリコンで覆われている。iPad Proを傷つける心配がない上に、滑り止めにもなっている。また、かなりきつく挟み込むのでiPad Proが抜け落ちる心配もない。

BRYDGE 10.5は独自のヒンジにiPad Proを挟み込んで一体化。MacBookのようになる。大きく開いても安定するので低いテーブルでも楽に使える
[画像のクリックで拡大表示]
BRYDGE 10.5のヒンジ部は本体同様アルミ製。iPad Proに触れる部分はシリコンでガードされており、滑り止めにもなっている。iPad Pro部分を持ち振っても外れることはなかった
[画像のクリックで拡大表示]