ブランドのロゴが描かれた小さな機器のボタンを押すだけでその商品が注文できるアマゾンの新サービス「Amazon Dash Button」がいよいよ日本でも始まった
[画像のクリックで拡大表示]

 冷蔵庫や棚に貼り付けた小型機器のボタンを押すだけで、いつも飲んでいるミネラルウォーターが自宅に届く――。スマホもパソコンも開かずに、小さなIoT機器のボタン1つでさまざまな日用品が注文できるアマゾンの新サービス「Amazon Dash Button」(アマゾンダッシュボタン、以下Dash Button)がいよいよ日本に上陸する。サービスは2016年12月5日から始まっており、Amazonプライム会員(年会費3900円、税込み)が利用できる。

 Dash Buttonの仕組みは簡単。さまざまな日用品のブランドがプリントされたDash Buttonを500円(税込み)で購入して自宅のWi-Fiアクセスポイントに接続し、Dash Buttonを押した際に注文する商品をスマホ用アプリで設定すれば準備完了。ボタンを押すと隣接するLEDが白く点灯し、緑に変わったらオーダーは完了。スマホに注文確認のメールが届き、ボタンに描かれた日用品が届く仕組みだ。発送は「お急ぎ便」などプライム会員向けの特典が利用できるので、注文したその日に届けることも可能。

 発送前ならば注文をキャンセルできるので、子どもがいたずらで押してしまった際も安心だ。発送状況を参照しており、商品が届くまで次の商品はオーダーできない仕組みなので、悪ふざけして何度もボタンを押しても商品が複数届くことはない。

Amazon Dash Buttonは、フリスクなどのミント菓子のケース程度の大きさ。表面には商品のロゴが描かれており、ボタンを押すとその商品が注文できる。
[画像のクリックで拡大表示]
茶色の枠は、フックなどにつり下げる際に装着する。簡単に取り外せる構造になっている
[画像のクリックで拡大表示]
背面には厚みのある両面テープが装着され、棚や冷蔵庫などに簡単に貼り付けられる
[画像のクリックで拡大表示]
このような箱に入れられて届けられる。価格は税込み500円だが、初回の注文時に500円が値引きされるため、実質無料で入手できる
[画像のクリックで拡大表示]
ブランドごとに1つのAmazon Dash Buttonを利用する仕組みなので、複数の商品で利用したい場合は商品ごとにAmazon Dash Buttonを購入する必要がある
[画像のクリックで拡大表示]
食材をストックしている棚にAmazon Dash Buttonを貼っておけば、少なくなったことに気づいたその場でボタンを押して注文できるのが便利だ
[画像のクリックで拡大表示]
食器用洗剤など、うっかり切らすと困ってしまう日用品では特に便利に使えそう。濡れた手でスマホを触る必要なく、目の前のボタンを押せばよい
[画像のクリックで拡大表示]