デルのPCといえば、地味で無骨、よく言えば質実剛健といったイメージを抱いている人が多いかもしれない。しかしここ数年はXPSシリーズに代表される、スタイリッシュなデザインのものが増え、イメージが変わりつつある。2017年10月には、13.3型液晶を搭載する2in1ノート「XPS 13 2-in-1」など5製品が2017年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞した。

 このデル製品の変化と、それらに通底するデザイン哲学について、米国本社でデザイン部門の責任者を務めるエドワード・ボイド(Edward Boyd)副社長に話を聞いた。

2017年度グッドデザイン賞を受賞した、13.3型2-in-1ノート「XPS 13 2-in-1」(左上)、ゲーミングPCとしても使える15.6型ノート「Inspiron 15 7000 ゲーミング」(右上)、27型液晶一体型デスクトップ「Inspiron 27 7000 フレームレスデスクトップ」(左下)、27型ディスプレー「Dell Sシリーズ S2718D 27インチワイド フレームレスモニタ」(右下)
[画像のクリックで拡大表示]
デルで全製品のデザインにかかわっているデザイン部門の責任者、エドワード・ボイド副社長。ナイキやソニーでデザインを手掛けてきた経歴をもつ
[画像のクリックで拡大表示]