GoProを筆頭に、オリンパス、ソニー、ニコン、リコーなどがしのぎを削るアクションカメラのカテゴリーで、カシオ計算機が新たなブランドとして立ち上げたのが「G'z EYE」だ。第一弾として、同社の腕時計「G-SHOCK」を彷彿させるデザインの「GZE-1」を発売した(関連記事:“G-SHOCK風”で若者狙う カシオが新アクションカム)。

カシオ計算機が発売したアクションカメラ「G'z EYE GZE-1」。スマートフォン用アプリから操作する
[画像のクリックで拡大表示]

 GZE-1は、最大50mの水中撮影ができる防水性能、最大4mの落下に耐える耐衝撃性能、IP6Xレベルの防塵性能、-10度の低温環境でも動作する耐寒機能といったタフさが売り。防水ケースなどのアクセサリーを使わなくても、激しい環境での撮影ができる。デザインだけでなく、性能面でも「G-SHOCKのアクションカメラ版」というような製品だ。

 G'z EYEを立ち上げた背景には、昨今のコンパクトデジカメの売り上げ減少がある。カシオ計算機営業本部戦略統轄部コンシューマ戦略部第一企画室の田中和夫氏によると「2008年をピークに毎年2割ずつ落ちている。現在はピーク時の2割程度」と話す。

 一方で伸びているのがアクションカメラだ。釣りやスキー、スノーボード、サイクリングといったアウトドアアクティビティーを趣味にする人はもちろんのこと、最近は若い世代を中心に、スナップ撮影にアクションカメラを活用する人も増えている(関連記事:「GoPro女子」が急増中、スナップ撮るならインスタ映え)。コンパクトデジカメの穴を埋める新たな製品分野として、アクションカメラに目を付けた。