重要機能の呼び出し方が変わった

3. コントロールセンターを表示

 ここまで紹介してきたiPhone Xの重要なジェスチャー「画面を下から上にスワイプ」は、従来のiPhoneでコントロールセンターを表示する際に使うジェスチャーと被っている。そのためiPhone Xでコントロールセンターを表示するには「センサーハウジングの右側を下にスワイプ」しなければならない。

 現状、上からコントロールセンターを表示するのはiPhone Xだけ。他のiPhoneは下から表示する。iPadも基本的には下からだ。別の見方をすると、これまでのコントロールセンターは画面の下方に隠れていてそれを引き出すイメージだった。iPhone Xだけはコントロールセンターが画面の上方にあると考える必要がある。

 筆者は、ワイヤレスイヤホンのAirPodsを、iPhone XとiPad Proの間でつなぎ換えて利用しているため、コントロールセンターをよく使う。画面の回転ロック/ロック解除もiPhone、iPadともによく行う操作だ。1日に何度もやっているのでさすがに慣れてきたが、操作の一貫性という意味では納得できずにいる。

 なお、「アクセシビリティ」設定で変更できるかもしれないと探してみたが、残念ながらそのような項目は無かった。

iPhone Xだけ「画面を上から下にスワイプ」でコントロールセンターを表示するところがこれまでのiPhoneと一貫しておらず残念
[画像のクリックで拡大表示]

総合的に見た使い勝手は?

 筆者としては、ホームボタンが担ってきた多くの操作が、iPhone Xにうまく搭載された点を評価したい。使いにくいと感じた点は、今後のバージョンアップで調整を期待するところだ。

 今回の記事では触れなかったが、顔認証の「Face ID」搭載により、認証に関係する操作が簡略化され快適になったメリットも大きい。ユーザーインタフェースは格段に使いやすくなった。

 Face IDはiPadやMacにも搭載してほしいと思うほど筆者にとって必須の機能となってしまった。画面を見るだけで認証されるので、指を置くというひと手順が必要な指紋認証よりも使い勝手は良い。もう、Face ID機能のないiPhoneを購入することはないだろう。

(文/伊藤朝輝)