違和感が残る操作とは?

 iPhone X使用中に使いにくいと感じた操作は次の3つだ。

1. 横画面でアプリを使用中にホーム画面に戻る
2. ホーム画面を編集した後の確定
3. コントロールセンターを表示

1. 横画面でアプリを使用中にホーム画面に戻る

 アプリ使用中にホーム画面に戻る操作は、前述したように「画面を下から上にスワイプ」になった。横画面で使っている時も同じ操作になる。つまり横にした状態で、下から上にスワイプする。これがどうもしっくりこない。今まで「横」と認識していた部分を上にスワイプすることになるからだ。

 iPhone Xでアプリを起動していると、アプリの下部にバー状のインタフェースが表示される。この部分を上げるようにスワイプするとホーム画面に戻れる。横画面の時も表示されているので、「バー」を意識して慣れるしかないのだろうと思う。

iPhone Xを横位置で持った時、「下」から上にスワイプでホーム画面に戻るところは違和感がある。バーを押し上げることを意識して使うと良さそう
[画像のクリックで拡大表示]

2. ホーム画面を編集した後の確定

 ホームボタンには、さまざまな操作を終了させる機能もある。困った時はホームボタンを押せば良いと思ってiPhoneを使ってきた。だが、ホームボタンの無いiPhone Xでは少し戸惑う。

 ホーム画面でアイコンの位置をカスタマイズした後に確定する際にも、これまではホームボタンを押していた。iPhone Xでは画面の右上に表示された「完了」ボタンをタップする。アプリでは一般的なインタフェースで、ホーム画面の方が特殊とも言えるのだけど違和感があった。

 実はこの時も「画面を下から上にスワイプ」で確定できる。一貫性を持たせるために、これまでのホームボタンを押す操作は「画面を下から上にスワイプ」である程度置き換えられている可能性がある。

ホーム画面の編集を確定させるには画面右上の「完了」をタップ。実は「画面を下から上にスワイプ」でも確定できる
[画像のクリックで拡大表示]