[画像のクリックで拡大表示]

 筆者がiPhone Xを使い始めて2週間以上たった。今回はiPhone Xのユーザーインターフェースを中心に、筆者が感じた使いやすい点と使いにくい点を紹介したい。

角丸を基調としたデザインがいい

 iPhone Xの正面デザインは、iPhoneの個性とも言えるホームボタンが廃止され、上部のカメラやレシーバーは「センサーハウジング」と呼ばれる切り欠き状のエリアに集約された。

 注目したいのはディスプレーの角部分。筐体の角丸に合わせて液晶自体が丸くカットされたようになっている。ホームボタンが無くなってもiPhoneらしく見えるのは、ずっと慣れ親しんできたこの比率の角丸四角を継承しているからだと筆者は考える。

 iPhone Xよりも狭額縁で本体に対してディスプレーが大きいスマホもあるが、上下左右すべてを同じような幅の額縁で統一しているiPhone Xのほうがシンプルではないか、と感じる。長く愛着を持てるデザインとはこのようなものなのではないだろうか。

「ホームボタン」代わりの新操作とは……

 狭額縁デザインを採用したことにより無くなったホームボタンは、これまでかなり重要な機能を担ってきた。指紋認証の代わりに搭載された顔認証についてはほかの記事(関連記事:「iPhone Xの「顔認証」はどこまで使える? 弱点は?」)を参照してもらうとして、筆者が考えるホームボタン3大用途は以下の通りだ。

1. ホーム画面に戻る
2. アプリを切り替える(「スイッチャー」を起動する)
3. スリープを解除する

 これらの機能はホームボタンの無いiPhone Xにも実装されている。ここでは誰もが普段よく使うと思われる上記の操作に絞って、iPhone Xでどう変わったかを見ていこう。

1. ホーム画面に戻る

 アプリ使用中にホームボタンを1度押すとホーム画面に戻る。これはiPhoneが登場した時から搭載されている、基本的かつ重要な操作の1つだろう。

 iPhone Xでは「画面を下から上にスワイプ」というジェスチャーに置き換えられた。スワイプすると指の動きに合わせて画面が縮小し、下からホーム画面が現れる。奥にあるホーム画面が手前に出てくることを印象付けられるため違和感なくすぐに使えるようになる。

アプリ使用中に「画面を下から上にスワイプ」するとホーム画面に戻る。スワイプした指の動きに合わせて画面が消えていく
[画像のクリックで拡大表示]

2. アプリを切り替える(「スイッチャー」を起動する)

 「Appスイッチャー」とは起動中のアプリをダイレクトに切り替えたり、強制的に終了したりできる画面で、これまではホームボタンを2回押すと表示できていた。

 iPhone Xではホーム画面に戻るジェスチャーと同じ「画面を下から上にスワイプ」をゆっくり行うと画面の左から起動している画面が現れて、Appスイッチャー画面に移行する。指を離すタイミングはiPhoneが軽く振動して知らせてくれる演出が憎い。

ゆっくり「画面を下から上にスワイプ」すると途中で左から起動中のアプリの画面が現れてAppスイッチャー画面になる
[画像のクリックで拡大表示]

3. スリープを解除する

 スリープ解除はiPhoneのサイドにある「スリープ/スリープ解除」ボタンの機能なのだが、おそらく多くのユーザーがホームボタンを使っているのではないだろうか。

 iPhone Xでスリープ解除するには、画面を軽くタップするだけでよい。テーブルに置いている状態で時刻や通知を確認する際に便利だ。

 画面のタップでスリープを解除するには「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」とタップして表示される画面で「タップしてスリープ解除」をオンにしよう。

「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」で「タップしてスリープ解除」をオンにしておくのがおすすめ
[画像のクリックで拡大表示]

 以上、ホームボタンの機能をうまく置き換えたと感じさせられるタッチ操作を紹介した。しかし、うまくいっているとは思えない操作もある。