「コーヒーのお好みの味を指定してください。それじゃあ、コーヒー薄めで入れちゃってください!」

 ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」の掛け声とともに、川崎重工業の双腕ロボット「duAro(デュアロ)」が勢い良く動きだす。duAroは胴体から伸びた2本のアームがそれぞれ独立して動き、人の両腕のように作業できるロボットだ。このduAroがネスレ日本のコーヒーメーカー「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ50」を操作して、コーヒーをいれ始める。

 バリスタの作動中にはPepperが歌い、待ち時間も退屈させない。コーヒーをいれ終わると、duAroがいれたてのコーヒーのカップと、チョコレート菓子「キットカット」をトレーに載せて来店者に提供する。

「おもてなし無人カフェ」では人型ロボット「Pepper」が店員となって、来店者をおもてなしする
[画像のクリックで拡大表示]

 東京・原宿に無人のロボットカフェが誕生した。「ネスカフェ 原宿」では、11月16日から10日間限定で、ロボットを活用した無人店舗の体験イベント「おもてなし無人カフェ」を実施中だ。Pepper、duAro、バリスタを連携することで、注文の受付から接客、商品の提供までをすべてロボットが行う。ネスカフェ 原宿店で飲料などを1品購入するだけで誰でも体験できる。

 本取組はロボットの活用によって、外食産業の頭痛の種となっている人手不足の解決策の糸口を探るのが狙いだ。「注文から接客までのサービスを人の手を使わずにロボットだけで完結する店舗を作ることで、どんな価値を顧客に提供できるかを研究するうえで実施した」(ネスレ飲料事業本部レギュラーソリュブルコーヒービジネス部の島川基部長)。

 とはいえ、単なる無人店舗であればバリスタを設置するだけでも、セルフサービス型なら実現できる。今回、わざわざPepperなどを設置した理由は接客を通じた、来店者とのコミュニケーションに重きを置いているからだ。