カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループで写真関連事業を展開するCCCフォトライフラボ(東京都新宿区)が、スマートフォン向けアプリ「PicsArt」を開発する米ピクスアートへの出資を検討していることがわかった。ピクスアートCBO(最高事業責任者)のウィルソン・クリーゲル氏が日本事業の本格展開に向けて、CCCフォトライフラボからの出資の受け入れを検討していることを本誌に明らかにした。PicsArtは国内ではほとんど知られていないが、実はグローバルで月間1億人超が利用する大規模な写真投稿型のSNSだ。

 CCCフォトライフラボは、2017年1月にCCCの子会社として設立された。ネット写真販売事業のフォトクリエイト(東京都新宿区)を中核事業とする持株会社で、CCCグループの写真事業の統括会社という位置付けとなる。

CCCフォトライフラボが米ピクスアートへの出資を検討していることが明らかになった
[画像のクリックで拡大表示]

 同社はデジタル事業を強化するために、この1年間で相次いでベンチャー企業に出資をしている。7月に子会社化したコトコト(東京都新宿区)は、子供の動画を高画質のDVDにできるスマホアプリ「filme(フィルミー)」を展開している。さらに11月にはUXENT(アクセント、東京都千代田区)の一部株式を取得してグループ化した。同社は、お祝いのメッセージや動画をQRコード付きメッセージカードでプレゼントできるサービス「moovin」を展開する。こうした写真を軸としたデジタル戦略の一環として、ピクスアートへの出資を検討しているようだ。

 出資の対象となるピクスアートは、「アプリがグローバルで毎月2000万件ダウンロードされる」(クリーゲル氏)急成長中の企業。同社の提供するPicsArtはサービスとして2つの側面を持つ。1つ目は画像加工アプリとしての側面だ。スマホで撮影した写真をボタン1つで絵画調にしたり、美肌補正を加えたりといった多彩な画像編集機能を使って、誰でも簡単に写真や動画を加工できる。