ジャニーズ事務所退所以来、テレビでの活動が少なくなっていた元SMAPの3人が、72時間にもわたるライブ配信した「稲垣・草彅・香取3人でインターネットはじめます『72時間ホンネテレビ』」。配信元となったサイバーエージェントのインターネットテレビ局「AbemaTV」も注目された。AbemaTVとはどんなメディアなのか。以前から見ているITライターの青木恵美がAbemaTVの魅力を語る。

 11月2~5日、インターネットテレビ局「AbemaTV」で、ジャニーズ事務所を退所した元SMAPの稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾が72時間のライブ配信「稲垣・草彅・香取3人でインターネットはじめます『72時間ホンネテレビ』」を行った。AbemaTVでの映像配信に並行して、3人がSNSを学びつつ、随時情報発信を行い、キーワードのトレンド入りを目指す、というメディアミックスな企画で、配信前後には各所でニュースにもなったので、記憶している人も多いだろう。3人の情報を発信するウェブサイト「新しい地図」で公開された情報によると、総視聴数はAbemaTV過去最高の7400万超、Twitterトレンド入り総数は 総計107個(うち世界トレンド6個)、番組関連のワードツイート総数は508万超に達したという。

草彅剛、稲垣吾郎、香取慎吾の3人がライブで配信するということで、『72時間ホンネテレビ』は話題になった
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の件で、AbemaTVを初めて見た人、初めて知った人も多かったはずだ。AbemaTVとはどのようなメディアなのか。

地上波などよりゆるく見られるのが魅力

 AbemaTVは、スマートフォンやタブレット端末のアプリや、パソコンのウェブブラウザーで視聴する無料の映像配信サービスだ。YouTubeやNetflixなどのようにオンデマンドではなく、テレビ放送のように時間単位で映像を配信するサービスだ。なお、AbemaTVには、見逃した番組やタイムシフト放送を見られるオンデマンドサービス「Abemaビデオ」も併設されている。

 筆者の家では、いまや地上波やBS、CSなどのテレビ放送よりも「AbemaTV」を観ている時間のほうが長い。見始めた当初は、筆者と夫、それぞれがパソコンやスマートフォン、タブレット端末を使い、それぞれの見たい番組を見ていたが、今は、テレビにアマゾンの「FireTV」を接続して見るようになった。パソコンやスマホの画面は小さくて見ていると疲れるし、テレビのほうが食事や家族の団らん中にも見やすいからだ。そういえば、72時間ホンネテレビの際にも、「AbemaTVをテレビで見よう」というFireTVのCMが流れていた。

 最近では、格安SIMの「LinksMate」がAbemaTVの視聴時間が毎月の通信容量にカウントされない「カウントフリーオプション」も設けている。筆者はLinksMateを利用しているので、外出先でも気軽にAbemaTVが楽しめる。

筆者が居間のテレビに接続している「Fire TV(第一世代)」。AbemaTVやプライム・ビデオ、DAZNなどをテレビで楽しんでいる。ハイビジョン時代の今どき、Wi-Fi接続よりも有線LAN接続が、音も映像も安定する
[画像のクリックで拡大表示]

 地上波などのテレビ放送よりもAbemaTVを見るようになったのは、適度にゆるく、疲れないというのがある。テレビ放送は、コマーシャル(CM)も番組も、おしなべて音や映像のアピールが激しい。特に気になるのは、時折入る「デデン」とか「ピンポーン」といった効果音と、CMを見てもらうために、番組の内容をCM前後にまたがせる「CMまたぎ」。こうした要素がAbemaTVには少ない。

 また、AbemaTVはテレビ放送に比べて、チャンネルの自由度や多様性があるのも面白い。AbemaTVでは、テレビ放送と違い、配信側の自由でいくつでもチャンネルが増やせる。現在20余りのチャンネルがあり、アニメやドラマ、スポーツや将棋・麻雀などが放送されている。スポーツの生中継などで突然チャンネルが増えたりもする。筆者は、DJたちが毎晩、生でプレイを行う「AbemaMix」を流したり、テレビでは難しそうなきわどい話題に言及するトーク番組やちょっとオトナなオリジナル番組、週末などに行うアニメやドラマの「一挙放送」を楽しみに見たりしている。ニュースチャンネルでは、24時間ニュースが放送されているのも、好きな時間にニュースをチェックできて便利だ。

AmebaTVアプリのトップ画面。起動するとAbema Newsチャンネルが開く。フキダシをタップすると、コメントが表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 番組にコメントを付ける機能があるのも特徴的だ。生中継の番組では、出演者がコメントにリアルタイムで返事をくれたり、リクエストに応じてくれたりと双方向に交流があったりもする。従来のテレビ放送を見慣れているととても新鮮で、自由に感じる。

 だからこそ、今回の「72時間ホンネテレビ」も配信が決定して以来、楽しみにしていた。