[画像のクリックで拡大表示]

 最新のiPhoneで写真をうまく撮るにはどうしたらいいのか? iPhone写真家の三井公一氏が、基本の持ち方からシャッター音を消す方法まで、7つのコツを解説する。

 iPhone 7/7 Plusが登場して2カ月が経過した。Suicaが使えるようになったり、iPhone 7 Plusのデュアルカメラ搭載に心を動かされ、AndroidやフィーチャーフォンからiPhone 7に乗り換えた人も多いと聞く。

 そのiPhone 7/7 Plusの特徴といえば「カメラ」だ。iPhone は簡単に美しい写真を撮影でき、数多くの優秀なアプリで加工やシェアが楽しめる。最近はカメラメーカーのライカと協業したAndroidスマホ「HUAWEI P9」などの人気機種もあるが、カメラとして世界で一番使われているのはiPhoneと言ってもいいだろう。

 世界最大級の写真共有サイト「Flickr」でシェアされている写真を調べるとそれが分かる。FlickrのCamera Finderというページで、一般的なデジタルカメラやスマートフォンを含む使用された全カメラが分かるのだが、アップロード数ナンバーワンはアップルのiPhoneシリーズなのである。

 iPhoneとPhotography(写真)を組み合わせ、iPhoneで撮影・加工することを表す「iPhoneography」という造語も生まれるほど、世界中の人がiPhoneで写真を楽しむことに夢中なのだ。

 さて今回は、iPhone 7/7 PlusからiPhoneographyの世界に入ってきた人たちに向けて、撮影のコツを簡単にお伝えする。要領を得ると、nikkeiBPnetでの筆者の連載「iPhonegrapher三井公一の『ニュースな現場』」のようにさまざまなシーンでもiPhoneだけで撮影できるようになるはずだ。