ここ数年、アニメの舞台となった場所を“聖地”とし、そこを巡る“聖地巡礼”が珍しいことではなくなっている。以前は一部の熱狂的なアニメファンによる行動だったが、現在では大手旅行代理店がツアーを組むほどの人気だ。

 聖地巡礼を支援するためのアプリ「舞台めぐり」も話題となった。このアプリは、『ガールズ&パンツァー』『ラブライブ!サンシャイン!!』『ふらいんぐうぃっち』など、実際のアニメのシーンで使われた場所が地図上で表示される。アニメと同じ構図で写真を撮影したり、実際の場所にAR(拡張現実)のキャラクターを表示して撮影したりできる。

 しかも、アプリをリリースしているのは、ソニー・エンターテインメント。ソニー系列には、アニプレックスなど、アニメ関連の会社があるとはいえ、ソニーグループがこうしたアプリの配信をしていることから、聖地巡礼がいかに浸透し始めているかが分かるというものだ。また、昨年、出版業界、旅行業界の大手企業が参加し、アニメゆかりの地を観光誘致に活用する「アニメツーリズム協会」も発足している。

聖地巡礼支援アプリ「舞台めぐり」
[画像のクリックで拡大表示]
アニメの舞台となった場所に、ARでアニメのキャラクターを表示し、一緒に撮影ができる
[画像のクリックで拡大表示]
アニメツーリズム協会のウェブサイト
[画像のクリックで拡大表示]