NTTドコモから、コンパクト&ハイエンドのソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン「Xperia XZ1 Compact SO-02K」が発売された。同社の最新ハイエンド「Xperia XZ1」の性能を手のひらサイズに収めた、人気シリーズの最新モデルだ(関連記事:「Xperia XZ1」は正統進化 長く使えるコスパ高モデル)。

ソニーモバイルコミュニケーションズ「Xperia XZ1 Compact」。写真のホワイトシルバーのほか、ブラック、ホライズンブルー、トワイライトピンクの4色展開。発売日は11月17日
[画像のクリックで拡大表示]
背面には1920万画素カメラと撮影用の各種センサ-、おサイフケータイ/NFCなどを搭載する
[画像のクリックで拡大表示]

他社にない、片手親指だけで使える最新ハイエンド

 Xperia XZ1 Compactの魅力は、片手で使いやすいコンパクトなサイズでありながら、性能はハイエンドということだ。他社のハイエンドスマホは大画面モデルが中心で、両手が空いてないと操作しづらい。だが、Xperia XZ1 Compactは片手親指だけで文字入力や操作が可能だ。

 スペックを見ても、Xperia XZ1と同じく高速CPU・GPU搭載の最新チップセット「Snapdragon835」に、高画質な1920万画素カメラと申し分ない。今冬どころか今年通年で見ても、ここまで小型で最新の機能をそろえたスマホはほかにない。。高性能スマホを使いこなす人の中でも、特に操作性や持ちやすさを重視する人にとっては理想的なモデルというわけだ。

横幅63mmのコンパクトボディーに最新機能を搭載。片手だけでしっかり握って楽に操作できる
[画像のクリックで拡大表示]

 ディスプレーは4.6インチのHD(1280×720ドット)液晶で横幅は65ミリだ。片手持ちできる小型モデルとしては最大級のディスプレーを搭載する。「最近のiPhoneは大きくて片手持ちしづらいが、小型のiPhone SEでは画面が小さすぎる」といった層も狙った絶妙なサイズ感だ。

左から通常のiPhone(4.7インチ)、Xperia XZ1(5.2インチ)、Xperia XZ1 Compact(4.6インチ)、iPhone SE(4インチ)
[画像のクリックで拡大表示]