一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会(略称:CESA)は、日本ゲーム大賞において、18歳以下が開発したゲーム作品を対象にした「U18部門」の新設を決定している。このU18部門での作品募集に先立ち、2017年11月12日にシンポジウム「集え! 創れ! 未来のゲームクリエイター〜日本ゲーム大賞 U18部門〜」が開催された。

 U18部門は、日本ゲーム大賞に新設される、18歳以下の小中学生および高校生等を対象にしたゲーム制作コンテスト。これまでも日本ゲーム大賞には「アマチュア部門」があり、広く一般が開発したゲーム作品を募集していた。U18部門がアマチュア部門と大きく異なる点は、あくまでも小中高生を対象としていることと、作品のテーマを設けていないことだ。アマチュア部門は毎年なんらかのテーマを設定しており、そのテーマに沿ったゲーム作品を募集している。

 U18部門の募集要項の詳細は、U18部門のWebサイト(https://u18.awards.cesa.or.jp/ )で確認してほしい。審査と予選大会のプレゼンテーションを経て絞り込まれた作品が、来年9月の東京ゲームショウ2018で行われる決勝大会に進み、各賞の決定・発表が行われる予定だ。

写真1●U18部門のWebサイト
[画像のクリックで拡大表示]
写真2●東京ゲームショウはCESAが主催しているイベントだ
[画像のクリックで拡大表示]