アマゾンジャパンは2017年11月8日、スマートスピーカーの「Amazon Echo」シリーズの国内販売を発表した。当初は招待制の販売となり、商品ページからリクエストを送り、招待メールを受け取った会員のみが購入できる。購入者には11月13日週から順次、配送をする。

「Amazon Echo」(左)、「Echo Plus」(右)、「Echo Dot」(手前)
[画像のクリックで拡大表示]

 Amazon Echoはアマゾンが開発する音声型の人工知能(AI)「Alexa」を搭載したスマートスピーカー。「Alexa」と呼びかけて操作する。販売する機種は全部で3つある。主軸のモデルとなるのが「Amazon Echo」だ。2.5インチのウーファーを搭載し、360度全方位への音声再生に対応していることなどにより、部屋全体に音楽を響き渡らせられる。Amazon Echoは1万1980円で販売する。次に最も小型の「Echo Dot」だ。同機種もスピーカーを内蔵しているが、基本的には外部スピーカーと接続して利用することを想定している。こちらの販売価格は5980円となる。

 そして、最上位モデルの「Echo Plus」だ。同機種は他のスマートデバイスと接続する機能を内蔵している。「Alexa デバイスを探して」と話しかけるだけで、自動的に対応デバイスを探し出して接続する。例えば、フィリップスの照明機器「Philips Hue」と連携すれば、「Alexa 電気をつけて」と話しかけるだけで、照明の操作もできるようになる。Echo Plusはスマートホームのデバイスを操作するハブとしての利用を想定したモデルとなる。価格は1万7980円。

 有料会員制度の「Amazonプライム」会員向けには割り引きキャンペーンを実施する。Amazon Echoが4000円引きの7980円、Echo Dotが2000円引きの3980円でそれぞれ購入できる。キャンペーン期間中に購入を申し込み、招待メールを受け取ったプライム会員が対象となる。

「Amazon Echo」は黒、グレー、白の3色展開で1万1980円で販売。プライム会員なら期間限定で4000円引きの7980円で購入できる
[画像のクリックで拡大表示]
「Echo Plus」も同様に黒、グレー、白の3色展開で1万7980円で販売
[画像のクリックで拡大表示]
「Echo Dot」は黒と白の2色展開で、5980円で販売。プライム会員なら期間限定で3980円で購入可能だ
[画像のクリックで拡大表示]

 スマートスピーカーは音声で操作できるサービスの充実さが、差異化のポイントの1つになる。そこでアマゾンはサービス開始当初から国内265のサービスと連携をしている。例えば、JapanTaxi(東京都千代田区)が開発するタクシーの配車アプリ「全国タクシー」とも連携しており、「Alexa 全国タクシーを呼び出して」と呼びかけてサービスを呼び出した後に、「タクシーを呼んで」と話しかけるだけでタクシーを配車できる。

 そのほか、「JR東日本 列車運行情報案内」や「アルクの英語クイズ」、飲食店情報サービスの「ホットペッパーグルメ」などがAlexaに対応している。アマゾンはAmazon Echoの発売に併せて、企業が自社のサービスとAlexaを連携させる機能を開発できる開発キットの提供を始めた。今後、販売台数の増加と共に対応サービスが拡大していくことが期待できる。

 そうした連携サービスを音声で操作するがゆえに、AIには言葉を聞き取る力と文脈の理解力が求められる。日本展開が他国に比べて遅れたのは、AIが日本語を理解する精度を高めることに時間を割いたためだ。「日本語でも他国と同じような体験をできるように、時間をかけて対応をした」(米アマゾンのAlexa海外事業部ディレクターのイアン・マカリスター氏)。

 例えば、同音異義語は日本語対応の難しさを表す典型例だ。「『Alexa のど飴を買い物リストに追加して』と話しかけた場合に、「雨」ではないことを判断できる必要がある」(Alexa担当シニア・バイス・プレジデントのトム・テイラー氏)。こうした聞き分けるための学習に注力をした。

 今回の発表会では、スマートデバイスとの連携や音楽サービスなどを中心に紹介しており、アマゾンの強みであるはずの買い物との連携についてはほぼ触れられなかった。この点については、「すぐにでも利用できる状態にある。Amazon Echoに話しかけることで買い物をできるほか、過去に注文したものを再注文したりできる」(マカリスター氏)。ただし、現状は機能を利用できない状態になっている。国内での出荷に併せて開始することを検討している真っ最中だという。そのため発表会ではあえて触れなかったようだ。

 発表会ではAmazon Echoで利用する、月額制のストリーミング音楽サービス「Amazon Music Unlimited」の開始も発表された。アマゾン版の「Spotify」とも言えるサービスで、4000万曲以上の楽曲を無制限で楽しめる。利用料金は一般会員は月額980円、プライム会員は月額780円で利用できる。プライム会員は1年契約の場合には7800円となり、2カ月分お得になる。

 また、家族のすべてのデバイスで利用できるファミリープランを月額1480円で提供するほか、Amazon Echoのみで利用する月額380円の「エコープラン」も用意する。

(文/中村勇介=日経トレンディネット)