ソニーからスマートスピーカー「LF-S50G」が発表された。グーグルの音声アシスタント機能「Googleアシスタント」を使ったもので、すでに発売されているグーグルの「Google Home」(関連記事:グーグルのスマートスピーカー 見えてきた魅力と課題)のライバル製品となる。オーディオ機器を手掛けてきたソニーならではの音へのこだわり、防滴機能、手で触れなくてもジェスチャーで操作できること、時刻表示機能などが特徴だ。その実力やGoogle Homeとの違い、Google Homeとどちらを買うべきかを検討してみた。

ソニーから12月9日に発売される、Googleアシスタント搭載スマートスピーカー「LF-S50G」
[画像のクリックで拡大表示]