格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーション(大阪府泉南郡)は来春、民泊サービス大手のAirbnbと連携してCtoC(消費者間取引)事業に参入する。ピーチが新たに始めるウェブサービス「COTABI(コタビ)」は「人から検索」をコンセプトに掲げた新しい旅行サービスだ。

 CtoCとはフリーマーケットアプリの「メルカリ」やライドシェアサービス「Uber」など、消費者間で物品を販売したり、サービスを提供したりする業態を指す。Airbnbも消費者間で家を貸し借りするCtoCサービスの一種だ。

 COTABIもこのCtoCサービスに位置付けられる。ウェブサイト上で旅行プランを探して予約できるサービスだが、その旅行プランを作るのは一般の利用者だ。誰でも旅行プランナーになって旅行プランを販売し合えるのがサービスの特徴となる。

「COTABI」は誰でも旅行プランナーになれるサービス
[画像のクリックで拡大表示]

 利用者は自分自身の旅行の経験を基にお薦めの宿泊施設、体験したアウトドアサービス、食事をした飲食店などを組み合わせて、自分の旅の思い出を旅行プランとしてCOTABI上で販売できる。管理画面から画面の指示に従って、宿泊施設や飲食店の登録、旅行で撮影した写真などをアップロードしていくだけで、簡単に旅行プランを作れるようになるという。

 ピーチはCOTABIで旅行プランに組み込める宿泊施設や体験サービス、飲食店などの情報に網羅性を持たせるために、そういったサービスの予約事業を展開する企業と提携をする方針だ。当初は他社のデータを活用するが、「将来的には自社で独自の予約システムを開発する」(ピーチ)。

 また、COTABIはAirbnbと連携しているため、Airbnb上に掲載されている民泊の施設を旅行プランに組み込むことも可能だ。Airbnbは体験予約の拡充にも力を入れており、「東京、大阪を中心に金つぎや味噌造りなど300以上の体験をすでにAirbnbで予約できるようにしている」(Airbnb)。こうしたAirbnbが開拓した体験サービスもCOTABIで旅行プランに組み込めるようにする。

 旅行希望者は旅行プランを作っているユーザーの中から、服装や価値観などから自分と似ている人を選ぶ。そして、そのユーザーが作った旅行プランを予約するだけで、プランに組み込まれている宿泊施設や飲食店などを一括して予約できる。価値観の近い人から旅行プランを選ぶサービスであることが、人から検索というコンセプトの由来となっている。