ワイヤレスヘッドホンに新たな選択肢が登場している。

 アップル傘下の「Beats by Dr. Dre」(以下、ビーツ)が2017年10月中旬より発売しているオーバーイヤーヘッドホン「Beats Studio3 Wireless」(3万4800円)は、ビーツが独自開発した「ピュアアダプティブノイズキャンセリング機能」(以下、「Pure ANC」)を搭載し、ノイズキャンセル効果が進化をとげている。

 同ヘッドホンは、ビーツのヘッドホン4機種のなかで、ワイヤレスヘッドホンの最上位だ。そこでワイヤレス機能の使い勝手やノイズキャンセリング機能を検証した。

ビーツが2017年10月中旬に発売した「Beats Studio3 Wirelessオーバーイヤーヘッドホン」。販売価格は3万4800円
[画像のクリックで拡大表示]
無駄なくクールなミニマムデザイン
[画像のクリックで拡大表示]
付属のキャリングポーチに折りたたんで収まる
[画像のクリックで拡大表示]
柔らかなイヤーパットで装着感も快適
[画像のクリックで拡大表示]

アップルのチップを内蔵

 アップル傘下の同社なだけに、ワイヤレスチップには「Apple W1」を搭載。アップルが販売するワイヤレスイヤホン「AirPods」と同じく、Beats Studio3 Wirelessも電源を入れてiPhoneに近づけるだけで、設定画面を表示せずにペアリング画面が現れるショートカットが利用可能だ。この手軽さには脱帽する。

 充電は、Lightning端子ではなくmicroUSB端子で行う。急速充電対応で10分の充電で約3時間の再生が可能だ。バッテリー駆動時間はPure ANCオンで22時間、オフでは40時間。バッテリーの持ちが良いので、短時間充電しただけでも持ち歩けるだろう。

電源を入れてiPhone近づけるだけでペアリング画面を表示
[画像のクリックで拡大表示]
充電は汎用性の高いmicroUSB端子
[画像のクリックで拡大表示]
バッテリー残量はiPhoneの画面上から確認できる
[画像のクリックで拡大表示]