[画像のクリックで拡大表示]

 11月3日、iPhone Xが発売された。有機ELの全面ディスプレーにホームボタンの廃止など、大幅なモデルチェンジが行われている。 

 なかでも注目されているのは、赤外線センサーを利用した顔認証システム「Face ID」だろう。Face IDは、赤外線で顔の輪郭や凹凸を読み取り、本人かどうかを判断する。これまでのiPhoneは指紋を使った認証システム「Touch ID」を採用してきたが、それにかわる生体認証がこのFace IDだ。

 このFace IDで不便なことはないのだろうか。iPhone Xを自腹で購入した筆者が、日常生活のなかでどのぐらい使い物になるのかを試した。

ロック解除にかかる時間は?

 Face IDを利用するには、当然だが、iPhone Xに「顔」を登録する必要がある。iPhone Xの初期設定時に設定できるほか、「設定」アプリからも登録できる。

 「設定」アプリを開き、「Face IDとパスコード」→「Face IDを設定」の順にタップすれば、Face IDを設定する画面が表示される。もし、Face IDが不調になった場合にも、この画面から再設定することが可能だ。

 顔の登録は、表示された指示にしたがって、顔をぐるっと一周回す動作を2回行うだけ。Touch IDのときは、1つの指の指紋を登録するにもある程度の時間が必要だったが、Face IDの登録は「え?これだけ?」というほど、あっさりと終わる。

外周がすべて緑色になるよう、顔を一周させて登録する。この動作を2回行い、登録は完了だ
[画像のクリックで拡大表示]
「Face IDとパスコード」の「Face IDをリセット」をタップすれば、登録した顔が削除され、再設定できる
[画像のクリックで拡大表示]

 登録が終わると、すぐに使えるようになる。ロック画面でiPhone Xを見つめると、画面の鍵マークが外れた状態になり、Face IDで解除できたことが分かる。ここで、上にスワイプすればホーム画面が表示される。

 ホーム画面をすぐに表示させたい場合には、iPhone Xを手に持った際に、iPhoneを見つめながら画面を上にスワイプすればいい。こうすることで、認証とホーム画面の表示が同時に行われる。

 iPhoneを手にしてからホーム画面が表示するまでの時間は、Touch IDで認証したときとそれほど変わらない。タイミングによってはFace IDの認証画面が一瞬表示されることがあり、それが表示されると少し間があくが、かかる時間はわずか。気になる程度ではなく、快適に使える。

 ただ、Touch IDのときは、机に置いたままホームボタンを押してもホーム画面が表示されたが、Face IDではiPhoneをのぞき込まないといけない。この辺りはiPhoneの操作方法を変える必要がありそうだ。

Face IDでロックが解除されると、鍵マークが解除状態になり、「上にスワイプして開く」と表示される
[画像のクリックで拡大表示]
Face IDの認証が何度か失敗すると、パスコードを入力する画面になる
[画像のクリックで拡大表示]