混雑する12時台の速度は?

 12時台の場合はどうか。

12時台の東京・新宿駅周辺(10月17日)における測定結果
[画像のクリックで拡大表示]

 新宿駅周辺の12時台のYouTube再生時の下り平均速度は8.30Mbpsで、9時台に続き前回8月の4.31Mbpsよりも2倍程度に速くなっている。速度測定アプリの下り平均速度は7.29Mbpsで、こちらも前回の1.13Mbpsからかなり速くなった。

 YouTube再生時の下り平均速度はLINEモバイルの15.74Mbpsが最も速かった。速度測定アプリの下り平均速度が最も速かったのは、BIGLOBEモバイルの35.28Mbpsだった。

 最も遅かったのは、YouTube再生時の下り平均速度がFREETEL SIMの1.19Mbps。速度測定アプリの下り平均速度は、mineo(Dプラン)が1.00Mbpsちょうどで最も遅かった。

12時台の東京・秋葉原駅周辺(10月17日)における測定結果
[画像のクリックで拡大表示]

 秋葉原駅周辺のYouTube再生時の下り平均速度は2.60Mbpsで、前回8月の1.90Mbpsよりも若干速い。ただし、速度測定アプリの下り平均速度は0.60Mbpsで、前回の0.75Mbpsからわずかに遅くなっている。

 YouTube再生時の下り平均速度は、OCN モバイル ONEが9.79Mbpsと群を抜いていた。LINEモバイルも5.60Mbpsで、この2社はYouTubeの再生がとても快適だった。速度測定アプリの下り平均速度は、楽天モバイルの1.08Mbpsが最も速かった。

 一方、YouTube再生時の下り平均速度が最も遅かったのは、イオンモバイルの0.31Mbps。速度測定アプリの下り平均速度は、FREETEL SIMの0.43Mbpsが一番遅かった。

12時台の長野・佐久平駅周辺(10月20日)における測定結果
[画像のクリックで拡大表示]

 最後に長野県佐久平駅周辺の結果だ。YouTube再生時の下り平均速度は2.33Mbpsで、こちらも前回8月の1.97Mbpsより速くなった。速度測定アプリの下り平均速度は0.60Mbpsで、前回の0.73Mbpsよりもわずかに遅い。

 YouTube再生時の下り平均速度は、mineoの5.61Mbpsが最速だった。OCN モバイル ONEも5.60Mbpsとほぼ同じ。速度測定アプリの下り平均速度が最も速かったのは、楽天モバイルの1.43Mbpsだった。

 下り平均速度が最も遅かったのは、YouTube再生時がFREETEL SIMの0.22Mbps、速度測定アプリがmineoの0.20Mbpsだった。

12時台の結果をまとめると?

 以下のグラフに、12時台の3地点における各社の平均値をまとめてみた。

12時台の3地点における平均値
[画像のクリックで拡大表示]

 3地点全体のYouTube再生時の下り平均速度は4.41Mbps、速度測定アプリの下り平均速度は2.83Mbpsだった。前回8月はYouTube再生時が2.72Mbps、速度測定アプリが0.87Mbpsだったので、午前中に続き、前回よりも速い傾向にある。

 YouTube再生時の下り平均速度は、OCN モバイル ONEの9.50Mbpsが最も速かった。速度測定アプリの下り平均速度が速かったのは、BIGLOBEモバイルの12.20Mbpsだ。

 一方、YouTube再生時の下り平均速度が最も遅かったのは、FREETEL SIMの0.58Mbpsだ。速度測定アプリの結果も0.62Mbpsと厳しい結果だった。

 なお、平均速度が好調だったOCN モバイル ONE、LINEモバイル、mineoはYouTubeの再生中に途切れることはなかったが、他の5社は再生中に動画の読み込みが途切れたり、画質が最低の144pに自動で切り替わるまで読み込みが再開されなかったりする場面が見られた。