朝9時台の速度は?

 まずは通信速度が出やすい9時台の各地点の結果を見てみよう。以下の表は、東京・新宿駅周辺、東京・秋葉原駅周辺、長野・佐久平駅周辺で測定した通信速度をまとめたものだ。

 平均速度の項目は水色で強調し、最も速い数値は赤、最も遅い数値は青で色分けした(以降の表も同様)。

朝9時台の東京・新宿駅周辺(10月17日)における測定結果
[画像のクリックで拡大表示]

 新宿駅周辺の9時台の結果では、YouTube再生時の下り平均速度は12.62Mbpsと、前回8月の6.83Mbpsから一気に2倍近くまで速くなっている。速度測定アプリの下り平均速度は20.44Mbpsで、こちらも前回の12.35Mbpsよりも大幅に速い。

 YouTube再生時の平均速度が最も速かったのは、イオンモバイルの15.64Mbps。速度測定アプリはIIJmioの37.77Mbpsが最も速かった。

 一方、YouTube再生時の平均速度が最も遅かったのは、mineoの8.73Mbps。速度測定アプリの下り平均速度が最も遅かったのは、FREETEL SIMの6.72Mbpsだった。

朝9時台の東京・秋葉原駅周辺(10月17日)における測定結果
[画像のクリックで拡大表示]

 秋葉原駅周辺では、YouTube再生時の下り平均速度は9.03Mbpsで、前回8月の8.23Mbpsとあまり変わらない。速度測定アプリによる下り平均速度は27.54Mbpsで、こちらは前回の14.92Mbpsよりもかなり速くなっている。

 YouTube再生時の下り平均速度が最も速かったのは、OCN モバイル ONEの15.64Mbps。速度測定アプリで最速だったのは、LINEモバイルの下り平均51.28Mbpsだった。ただ、LINEモバイルはYouTube再生時の下り平均速度が6.03Mbpsと最も遅かった。速度測定アプリで最も遅かったのは、楽天モバイルの13.33Mbpsだった。

朝9時台の長野・佐久平駅周辺(10月20日)における測定結果
[画像のクリックで拡大表示]

 続いて長野県佐久平駅周辺の結果は、YouTube再生時の平均速度が6.44Mbpsで、前回8月の4.45Mbpsからは5割ほど速かった。速度測定アプリの下り平均速度は8.58Mbpsで、こちらも前回の6.07Mbpsから少し速くなった。

 YouTube再生時の下り平均速度が最も速かったのは、IIJmioの8.01Mbps。速度測定アプリの下り平均速度は、mineoの13.06Mbpsが最も速かった。

 逆にYouTube再生時の下り平均速度が一番遅かったのは、FREETEL SIMの2.58Mbps。FREETEL SIMは速度測定アプリの結果も遅く、平均4.11Mbpsに留まった。

測定結果をまとめると?

 以下のグラフに、9時台の3地点における各社の平均値をまとめた。

9時台の3地点における平均値
[画像のクリックで拡大表示]

 3地点全体のYouTube再生時の下り平均速度は9.36Mbpsで、速度測定アプリの下り平均速度は18.85Mbpsだった。前回8月はYouTube再生時が6.51Mbps、速度測定アプリが11.12Mbpsであり、どちらも8月よりも向上している。

 YouTube再生時の下り平均速度が最速だったのは、OCN モバイル ONEの12.16Mbpsだった。速度測定アプリの下り平均速度は、イオンモバイルの28.27Mbpsが最も速かった。

 一方、最も遅いのは、YouTube再生時の下り平均速度がFREETEL SIMで6.28Mbps。速度測定アプリがFREETEL SIMと楽天モバイルで、ともに11.47Mbpsだった。