Raspberry Pi(ラズパイ)を活用する楽しい作品やアイデアを表彰する「みんなのラズパイコンテスト2017」の受賞作品が、2017年11月1日に発表された。過去最大となる160件の応募が集まり、父親が0歳の息子のために自作したベビー用玩具がグランプリに選ばれた。

 ラズパイマガジンと日経Linux、日経ソフトウエアが主催する「みんなのラズパイコンテスト2017」は2017年7月10日~9月21日の期間、Rapberry Piを使った電子工作やアプリケーションの作品・アイデアを募集した。4回目となる今年は過去最大の160件の応募が集まった。

 審査委員長を務める青山学院大学の阿部和広客員教授は、「粒ぞろいの作品が並び、技術レベルが確実に上がっている」と、今回の応募作品の全体的な傾向を総括した。個別の作品の傾向としては、「自分が直面している問題を、ラズパイをうまく活用することで解決しようとする作品が目立った」と評価している。

 こうした中で見事「グランプリ」に選ばれたのが、竹井英行さんの「息子の成長を見守るカメラ&泣き止む音楽再生機能付き自作メリー」だ(図1)。今年7月に生まれたばかりの息子があまりに泣くため、気を紛らわすためのベビー用玩具「ベッドメリー」の自作に挑んだことが、今回の応募につながった。

図1 グランプリを受賞した「息子の成長を見守るカメラ&泣き止む音楽再生機能付き自作メリー」
[画像のクリックで拡大表示]