NTTドコモが2016年10月19日に開催した発表会。スマートフォンと携帯電話の冬春モデル13機種を発表したのは既報の通りだ(関連記事:ドコモ新スマホ、カメラ強化の「Xperia」など登場)。

NTTドコモの発表会では13機種を発表した。そのうちスマートフォンは8機種
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の発表会で一番の注目は、やはりソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia XZ SO-01J」と「Xperia X Compact SO-02J」。ただ、会場では実質価格648円のオリジナルスマートフォン「MONO」や「AQUOS EVER SH-02J」などの低価格スマホ、来年の発売に先駆けて公開されたAndroid 7.0搭載の「V20 PRO L-01J」などの“隠し球”も展示されていた。

 ドコモの冬春モデル発表会をキーワードでくくるなら「高速化」「低価格」「Android 7.0」。この3のキーワードから、代表的な製品を写真を交えて見ていこう。