今や当たり前に見かける存在となったソフトバンクのロボット「Pepper」。その能力はどこまで進んでいるのか。今後どんな進化を目指すのか。ジャーナリストの津田大介氏が、Pepperの開発責任者であるソフトバンクロボティクス コンテンツマーケティング本部 取締役本部長の蓮実 一隆氏に聞く。

 前編では、発売から現在までに見えてきたPepperの課題や乗り越えるべき問題点について、蓮実 氏に語ってもらった。後編では、それらの課題を踏まえ、ロボットとは何か、Pepperだからこそできることは何か、AIとロボットはどのように進化していくのかに話が及んだ。

ソフトバンクロボティクス コンテンツマーケティング本部 取締役本部長の蓮実 一隆氏。テレビ朝日で「ビートたけしのTVタックル」「報道ステーション」など、数々の番組のプロデューサーを務めた後、2008年にソフトバンクモバイル(現ソフトバンク)に入社。電子書籍サービス「ビューン」など、コンテンツサービス分野を中心に担当。現在はソフトバンクロボティクスでPepperの開発責任者を務める
[画像のクリックで拡大表示]

一般環境での実使用データは開発陣の“宝物”

津田大介氏(以後、津田):  前編では、「機械とかデバイスではなく、ロボットを新種の生命としてとらえて人間との付き合い方を考える」というお話がありました。

 実際、Pepperの開発では、人間とのコミュニケーションがひとつのキーになっていると思います。でも、高速道路のサービスエリアだったり、大きなショッピングモールだったりに置かれているPepperを見ると、周囲の雑音が大きすぎて、こちらの言葉を認識してくれないこともあります。そこは開発時の予想と違っている部分ではないかと思うのですが、いかがですか?

蓮実一隆氏(以後、蓮実):  音声認識技術に関する最新の情報などもまめにチェックしていますが、Pepperが置かれているような状況で試すとどれも満足に動作しないんですよ。音声認識を使ったコミュニケーションしかり、先にお話しした「握手」の問題しかり(前編参照)、一般的な環境でロボットを活用するのがいかに大変なことかを実感しています。Pepperを一般販売したことで実使用データが得られるのは、僕らにとって宝物ですね。