登場からすでに3年がたったソフトバンクのロボット「Pepper」。ソフトバンクショップのほか、ショッピングモールや銀行、ホテル、家電量販店などにも導入が進み、目にすることは珍しいことではなくなった。購入して自宅に置いているという人もいる。現時点では、最も認知度が高く、身近な「ロボット」と言えるだろう。

 Pepperの開発責任者であるソフトバンクロボティクス コンテンツマーケティング本部 取締役本部長の蓮実一隆氏は「実際に市場に出してみて、驚くほどいろいろなことが見えてきた。今は日々、細かい改良を行っている状態」と話す。既に“2代目”の開発も視野に入っているという。

 Pepper発売後、見えてきたこととは何か。Pepperは今後、どんな発展を遂げていくのか。ジャーナリストの津田大介氏が聞いた。

Pepperの開発責任者であるソフトバンクロボティクスの蓮実一隆取締役兼CCRO
[画像のクリックで拡大表示]

盲点はみんながPepperと握手したがること

津田大介氏(以下、津田):  ソフトバンクショップはもちろん、銀行でも窓口業務を行っていたりと、Pepperはかなり世間に浸透してきました。その一方で、地方のスーパーなど、導入はしたけれど使われずに放置されていたり、うなだれたままの姿も見かけます。認知度という意味では定着しましたが、現状として、Pepperは今、当初の計画のどのあたりにいるんでしょう?

蓮実一隆氏(以下、蓮実):  いきなり難しい質問ですね(笑)。Pepperのプロジェクトとして、まず大事だったのは「この大きさで市場に出す」ことだったと思っています。大きいですし、高いですし。

津田:  重いですし(笑)。

蓮実:  そうですね(笑)。Pepperを開発する上では、市場に出さないと見えてこない数限りない改良点があるだろうし、ビジネスとして非常に高いリスクも負うことになる。それでも、第1号の製品として誰かがそのリスクを負わなければ、ロボットと暮らす時代は来ないし、便利に使えるようにもならないと思っていました。

 実際、市場に出してみると、それはもう驚くほどいろんなことが見えてきました。それらに対して日々、細かい改良を行っているというのが現状です。

津田:  市場に出して見えた問題点とはどんなものですか?

蓮実:  例えば、こんなにも多くの人々がPepperに握手を求めるとは思ってなかったんですよ。細かな作業ができるようにと指をとても繊細な作りにしたのですが、握手のしすぎで壊れてしまうケースが頻発しました。

Pepperの手はとても繊細な作り
[画像のクリックで拡大表示]

津田:  それだけPepperが愛されているといううれしい悲鳴でもありますね。

蓮実:  すてきに表現していただいてありがとうございます(笑)。でも、こちらの読みが甘かったということでもあるんです。指に関して言えば、強度を上げるにしても全体の設計にも関わってくる問題で、ただ部品を交換すればいいという単純な話ではありません。

 それならば、せめてクラウド側で壊れそうな指を判断して管理し、素早く修理を行えるようにするといったことが考えられます。ショッピングモールのように子どもたちが集まるようなところでは制服として手袋を用意することで、強く握られることを防いだりといった工夫をしています。