2017年10月15日、「アプリ甲子園2017」(主催:D2Cとライフイズテックで構成するアプリ甲子園実行委員会)の決勝大会が東京都内で開催された。今年で7回目となるアプリ甲子園は、小中高校生と3年生までの高専生を対象としたスマートフォン/タブレットアプリ開発のコンテスト。技術力やプログラミング力だけではなく、独創性やデザイン性といった点も評価の対象になっているのが特徴。

 決勝大会には10組が進出した。最年少は統合ゲーム開発ツール「Unity」を利用して、百人一首がモチーフのアクションゲーム「回一首」を作成した早稲田実業学校初等部5年の菅野晄さん(写真1)。

写真1●決勝進出者で最年少の菅野晄さん
[画像のクリックで拡大表示]

 もともとアプリ甲子園は、応募可能な年齢を12~18歳に設定していたが、小学校5年生である菅野さんの意欲的な部分を評価し、今回審査対象とした。

 菅野さんは小学生ながら、ハキハキとしたプレゼンテーションが印象的で、審査員の一人で「パックマン」の開発で有名な岩谷徹氏からゲームの操作に関するやや込み入った質問が飛ぶほど。

 優勝・総務大臣賞は慶應義塾湘南藤沢高等部(慶應SFC高)3年の西村佳之くん(写真2)が開発した「Nekt」。Nektはスケジュール共有によって“今日遊べる友達”を簡単に発見できる中高生向けのSNSアプリ。IT企業が開発するアプリと比べても遜色のない作り込みが評価された。Nektは、技術賞も受賞した。

写真2●優勝・総務大臣賞を受賞した西村佳之くん(左)。右は審査員長の齋藤精一氏
[画像のクリックで拡大表示]

(武部 健一=日経ソフトウエア)