グーグルは2017年10月5日、スマートスピーカー「Google Home」と「Google Home Mini」を日本国内で販売すると発表した。Google Homeは10月6日発売で、価格は1万4000円。Google Home Miniは10月23日発売で6000円。Google Storeのほか、auショップ、ビックカメラ、ヤマダ電機、楽天で購入できる。

Google HomeとGoogle Home Miniを発表
[画像のクリックで拡大表示]

 Google HomeとGoogle Home Miniは、いずれも同社の音声アシスタント「Google アシスタント」を搭載。「OK Google」と声をかけてから音声で指示することで、様々な操作ができる。

 例えば、「OK Google」の後に「おはよう」と呼びかけると、今日の天気や職場までの交通情報、Googleカレンダーに登録されている予定などを読み上げる。「最新のニュースを教えて」というと、NHKラジオニュースや日経電子版NEWSなどに接続し、最新のニュースを聴ける。このほか、アラームを設定したり、Google Play MusicやSpotifyの音楽プレイリストを再生したり、音声でメモを登録したりすることも可能だ。

グーグルの製品開発本部長の徳生裕人氏
[画像のクリックで拡大表示]

 音声操作に当たっては、最大6人までの声を聞き分ける「ボイスマッチ」機能を搭載。各人が自分のアカウントをGoogle Homeに登録しておくと、誰の声かを自動で判断し、その人のスケジュールやプレイリストを再生する。

グーグルのハードウェアパートナー事業開発本部統括部長の埜々内ルイ氏がGoogle Homeと共に登場
[画像のクリックで拡大表示]
Google Homeはホワイトのみだが、Google Home Miniはチョーク、チャコール、コーラルの3色がある
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに、Chromecast対応のスマホ向けコンテンツのストリーミング再生にも対応。テレビにChromecastをつないでおけば、Google HomeやGoogle Home Miniから指示して、NetflixやYouTubeの動画をテレビで視聴できるようになる。発表会では、「Netflixで『フラーハウス』を再生して」と呼びかけてコンテンツを再生、「一時停止」「30秒戻して」などの操作をするデモンストレーションを行った。

 年内には、au Home(KDDI)やダイワハウスなど、Google Homeを活用したスマートホームも複数登場する予定で、それらを利用すれば、照明をはじめとした宅内の機器をGoogle Homeから音声で操作できるようになる見通しだ。