9月21~24日まで、千葉・幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2017。国内外のゲーム関連企業が出展するアジア最大級の同イベントは、ゲーム業界の今を占う上でも重要なイベントだ。長年、ゲームショウを見てきたライター3人が、それぞれの視点で今年のゲームショウを総括する。トップバッターは、野安ゆきお氏。

 東京ゲームショウ2017で、もっとも気になったのは、例年と比べ、小さな子どもをつれたファミリー層の来場者が減っていたことだ。

 今年、実際に会場に足を運んだ人は、小さな子どもたちが周囲にたくさんいて、この子どもたちにぶつからないように注意しなければならなかった――という経験を、ほとんどしなかったと思うのだが、いかがだろう? 一般公開日の初日が悪天候だった影響もあるだろうが、今年は、明らかにファミリー層が少なかった。

 とはいえ、これは、けして悪いことではない。1996年から開催されてきたゲームショウは、もともと若く熱心なゲームファンたちが多く集まるイベントだった。しかし時代とともに来場者は多彩になり、家族連れの姿も見られるようになった。とりわけ近年は、スマートフォン向けアプリの出展も増えたためか、さほど熱心なゲームファンでない、ごく普通のファミリー層が増加。幅広い来場者が訪れるイベントになっていたという経緯がある。

 そのせいか、ここ数年は「とにかく幅広いお客様に楽しんでもらおう! そのためには大量の販促用グッズを配ろう! 来場者にはいろいろなプレゼントを用意しよう!」といった方向の催しが目立っていた気がする。

 しかし今年は、各社ともその姿勢を控えめにし、ゲームショウ本来の形であるゲームファンに新作をアピールするスタイルに戻してきたように感じた。各社のブースには話題の新作タイトルの試遊台が並び、「とにかく新作ゲームを体験してくださいね!」と叫ぶかのような、ゲームショウ黎明期にも似た空気が漂う展示会になったのである。ファミリー層の姿こそ減ったものの、昔からゲーム市場を支えてきた人たち(現役ゲーマー、そして古参のゲーム愛好者たち)が、いち早く最新ゲームを堪能できる“質実剛健”なイベントになった。これが、今年のゲームショウの最大の特徴といっていい。

今年の東京ゲームショウは、質実剛健という言葉が似合う展示会だった。ゲームファンは大満足(写真/中村宏)
[画像のクリックで拡大表示]