レノボは2017年10月2日、スマートフォンと連携してスター・ウォーズのARゲームを楽しめる「Star Wars/ジェダイ・チャレンジ」を日本で発売する。10月中旬に予約を開始し、11月中旬より出荷する。直販価格は3万800円。

ライトセーバーを手にして遊ぶARゲーム「Star Wars/ジェダイ・チャレンジ」が発売される
[画像のクリックで拡大表示]

 「Star Wars/ジェダイ・チャレンジ」は、スマートフォンと接続して使用するARヘッドセット、ライトセーバー型のコントローラー、プレーヤーの動きを検知するトラッキング・ビーコンで構成されていて、これで「ライトセーバー・バトル」「戦略バトル」「ホロチェス」の3つのARゲームをプレーできる。

ARヘッドセット、ビーコン、ライトセーバー型コントローラー。AR上ではライトセーバーはちゃんと長い剣として表示される
[画像のクリックで拡大表示]

 ライトセーバー・バトルは、プレーヤーがライトセーバーでスター・ウォーズに登場する強敵と戦うというもの。戦略バトルは、プレーヤーが司令官になって、銀河共和国と反乱同盟軍を指揮して、敵である銀河帝国と戦うもの。ホロチェスは、劇中に登場するモンスターのホログラムを使ったチェスをプレーできるというものだ。これらのうちライトセーバー・バトルを、10月3~6日に開催される「CEATEC JAPAN 2017」で体験できると聞いて、早速体験してきた。