「当社サービスの利用者の中にも、月間で数百万円を稼ぐ人が現れ始めている」

 ゲームに特化した動画配信サービス「OPENREC.tv(オープンレック)」を展開するCyberZ(東京都渋谷区)の山内隆裕社長はこう明かす。OPENREC.tvは、ゲームのプレー動画に特化したリアルタイム動画の配信サービスだ。月間で約200万人が訪れる。「利用者数は1年間で3倍に拡大」(山内氏)しており、急成長中のウェブサービスの1つだ。

 数年前から、「YouTube」に投稿した動画の視聴者数を集め、そこに配信される広告収益などで生計を立てるクリエーターが「YouTuber」として脚光を浴びている。同様にゲーム動画の世界においても、動画配信で生計を立てるプロのゲーム動画配信者が現れ始めている。

 こうしたプロの動画配信者が利用するゲーム動画に特化した動画配信サービスと、一般的な動画投稿サービスの違いは動画配信者が多角的に収益を得られる仕組みを整えている点が挙げられる。

 OPENREC.tvの動画配信者は、ゲームをプレーしている動画をリアルタイムで配信しながら、視聴者とコミュニケーションを取る。視聴者はチャット機能を使って、動画配信者に対してコメントを送ることができる。動画配信者は、このコメントを読み上げたり、コメントで寄せられるリクエストに応えたりして、視聴者とコミュニケーションを取れる。動画配信者は視聴者と関係性を築くことで、それが収益に結びつく。

CyberZの山内隆裕社長は、自社サービスで月間数百万円を稼ぐ利用者も表れていると語る
[画像のクリックで拡大表示]
ゲームに特化した動画配信サービス「OPENREC.tv」の利用者数は1年間で3倍に増加
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば、広告収益の分配だけでなく、視聴者数に応じてCyberZから報酬が支払われる制度を設けているほか、視聴者がデジタルアイテムのコインを購入して配信者を応援する機能「エール」で得た収益も分配する。このように多角的に収益を得られるような仕組みを用意しているのが特徴だ。CyberZは動画配信者にきちんと収益を還元することで、より積極的にOPENREC.tvを利用してもらうことを狙う。

 こうした収益を得られる仕組みにより、動画配信者によっては、月間で数百万円を超える収益を得られるようになっているのだ。動画配信者の中には会社を辞めてプロのゲーム動画配信者として独立する動画配信者も現れ始めた。