グーグルの「Google Home」、LINEの「Clova WAVE」など、日本でもスマートスピーカーの販売が本格的に始まった(関連記事:スマートスピーカー、Google Home発売 6000円からLINEのスマートスピーカー「Clova WAVE」が離陸)。年内にはアマゾンも「Amazon Echo」を発売予定。アップルの「HomePod」の国内発売は未定だが、欧米の一部の国では12月に発売する。

 スマートスピーカーの特徴はいずれも自然な会話調でスピーカーに話しかけるだけで操作できることだ。グーグルであれば、もうおなじみの“Ok, Google”、アマゾンは“Alexa”というコマンド(「Wake Word」と呼ばれる)で声をかければ、スタンバイ状態のスピーカーが起動。「Spotifyでマイケル・ジャクソンを再生して」とか、「部屋の電気を点けて」とかいう具合に話しかけると、スマートスピーカーを経由してスマート家電やIoT機器をコントロールできる。

 スマートスピーカーは、グーグルやアマゾンなど自社で音声アシスタントを開発する国だけでなく、サードパーティーからも発売される。音響メーカーや家電メーカーなどが、各社の音声アシスタントを搭載した製品を開発しているのだ。実際、2017年9月にドイツの首都・ベルリンで開催された世界最大級のエレクトロニクスショー「IFA 2017」では、多数のスマートスピーカーが出展されていた。日本で発表・発売されている製品は少ないためピンとこないかもしれないが、ズラリと並ぶスマートスピーカーを見ると、この分野の勢いが感じられた。今回は、世界ではどんなメーカーがどんなスピーカーを開発しているのか、それらでどんなことができるのかを紹介してみたい。

国内メーカーはソニーにパナソニック、オンキヨーが参戦

 日本のメーカーからはソニーとパナソニック、オンキヨーがIFAに参戦していた。各社ともにオーディオ・ビジュアルのブランドとして長年培ってきた高音質化技術が他社のスピーカーとひと味違うことをアピールしていた。ソニーの「LF-S50G」、パナソニックの「SC-GA10」はGoogle Assistantを採用。オンキヨーはGoogle Assistantの「G3」とアマゾンのAlexaの「P3」の両輪展開だ。IFAには出展していなかったものの、東芝映像ソリューションも先日Alexa対応の「TH-GW10」を発表している(関連記事:東芝、多機能スマートスピーカーを来年にも国内投入)。

ソニーがIFAで発表したGoogle Assistant搭載のスマートスピーカー「LF-S50G」
[画像のクリックで拡大表示]
パナソニックもGoogle Assistant搭載のスマートスピーカー「SC-GA10」をIFAで発表
[画像のクリックで拡大表示]
オンキヨーのGoogle Assistant対応スマートスピーカー「G3」
[画像のクリックで拡大表示]
同じくオンキヨーのAmazon Alexa対応スマートスピーカー「P3」
[画像のクリックで拡大表示]

 海外のメーカーでは、JBLがGoogle Assistantを搭載するスマートスピーカー「LINK」シリーズの3モデルを発表済み。「LINK 300」は据え置きタイプ、充電式バッテリーで駆動する防水仕様の「LINK 20」と「LINK 10」はアウトドアでも使い倒せるユニークなポータブルスマートスピーカーだ。有名ブランドのパソコンやタブレットとのコラボも多く手がけるharman/kardonは、Windows 10の音声アシスタント「Cortana」を搭載する「Invoke」を発表。年末に北米での商品化を予定している。

JBLはGoogle Assistant搭載のスマートスピーカーを一気に3モデル発表している
[画像のクリックで拡大表示]
Windows 10のボイスアシスタント「Cortana」を搭載するharman/kardonの「Invoke」
[画像のクリックで拡大表示]

 変わり種はレノボのAndroidタブレット「tab4」とつないで使うDockスピーカータイプの「tab4 Home Assistant Pack」だろう。音声アシスタントはアマゾンのAlexaで、声で検索した結果がタブレットの画面に表示されるのでより視覚的な操作ができる。ちなみにタブレット本体にはGoogle Assitantも乗っている。

レノボはユニークなタブレット用ドック型のスマートスピーカーをIFAで発表。アマゾンのAlexaを搭載している
[画像のクリックで拡大表示]