東京ゲームショウ2017最終日の9月24日、会場内のe-Sports X(クロス)ステージでは、「ストリートファイターV 昇龍拳(SHORYUKEN)トーナメント」と題した『ストリートファイターV』(カプコン)の競技大会が開催された。優勝は100万円、準優勝は50万円の賞金が用意され、日本、米国、シンガポール、台湾など各国から招待された8名の選手が出場し、3時間にも及ぶ熱戦を繰り広げた。会場は開場直後に満席となり、かなりの立ち見も出る盛況ぶり。あふれんばかりの観客が押し寄せ、近年のeスポーツ人気の盛り上がりがうかがえた。

今回は8人の招待選手が招かれた。左からボンちゃん選手(日本)、ふ~ど選手(日本)、ネモ選手(日本)、ときど選手(日本)、GamerBee選手(台湾)、NuckleDu選手(米国)、Snake Eyez選手(米国)、Xian選手(シンガポール)
[画像のクリックで拡大表示]
大会の進行役として、大の格闘ゲーム好きとして知られるモデルの椿彩奈さんや、格闘技好きで格闘技番組の解説もしている関根勤さんさんなどが登場し、対戦にコメントを添えていた
[画像のクリックで拡大表示]

 『ストリートファイターV』は、格闘ゲーム人気の火付け役ともいわれる対戦格闘ゲーム「ストリートファイター」シリーズの最新作。PlayStation 4とWindows向けに2016年に発売された。

 「ストリートファイター」シリーズの基本的な操作方法は、シリーズ2作目で大ヒットした『ストリートファイターII』から大きく変わっていない。「弱」「中」「強」の3段階で技の強弱が割り振られた計6つのパンチボタンやキックボタンと、方向キーによってキャラクターを操る。方向キーとパンチボタン、キックボタンを組み合わせると必殺技を繰り出し、相手に大きなダメージを与えられる。

 弱い技は素早く出せるが、相手へのダメージが小さい。強い技は隙が出るが、当たれば相手へのダメージが大きい。相手の攻撃してくるときに相手がいる向きと逆方向の方向キーを押せば防御になるため、敵の技を防御で防ぎ、その隙を突いて攻撃することで戦いの流れを変えることもできる。技と防御の駆け引きは、一瞬の判断でしなければならず、相当な反射神経が必要となる。駆け引きを瞬時に判断し、コントローラーを操作しキャラクターを動かすプロゲーマーの反射神経は、ほかのプロスポーツ選手並かそれ以上ともいわれる。

 格闘ゲームは、相手の体力ゲージを完全に無くすか、タイムアップした時点で体力ゲージが多く残っているプレーヤーが勝ちとなる。「ストリートファイターV 昇龍拳(SHORYUKEN)トーナメント」では、それを3ラウンド制で戦い、先に2ラウンドに勝利した選手が1セット先取となる。今回の大会では、1回戦は2セット先取、準決勝以降は3セット先取したほうが勝者というルールで開催された。

中央にプレイ台を設置し、選手は向かい合って座って対戦する。試合の様子はスクリーンに大きく映される
[画像のクリックで拡大表示]