[画像のクリックで拡大表示]

 2017年9月22日にアップルから新しいiPhone 8シリーズが発売された。発売されたばかりのiPhone 8 Plusを購入した筆者だが、その日は奇しくも世界最大級のゲームの祭典「東京ゲームショウ 2017」の開催日でもあった。

 それもあり「暗い会場でブースのコンパニオンを撮影するという、難しいシチュエーションで新iPhoneのカメラがどれだけの実力を発揮できるのか試してみてほしい」という指令を編集部から受けた。それだけではない。筆者が普段使っている一眼カメラカメラと、撮り方や写り方はどう違うのかを検証してほしい、とのことだった。

会場はカメラマン泣かせ

 正直、東京ゲームショウの会場でのコンパニオン撮影はなかなかカメラマン泣かせだ。会場が全体的に暗いだけでなく、天井が高いため「バウンス撮影」(ストロボの光を天井や背面の壁などに跳ね返らせて写す方法)なども使えない。ストロボの光量を落としたり、レフ板を使ったり(これはアシスタントが必要)、ストロボの光を拡散させる「ディフューザー」などと呼ばれる機材を使って対応するカメラマンも多い。腕(+適切な機材)がないと、なかなかうまく撮れないのだ。

 筆者は仕事で多数の写真を撮影しているものの、いわゆるプロカメラマンではないので、多彩な撮影技術を持っているわけではない。ただしコンパニオン撮影も含めて数多くのシチュエーションでの撮影の場数は踏んでいる。そこで筆者から見たiPhone 8 Plusのカメラ機能の魅力や不満点、一眼レフカメラ(今回はニコン「D5500」と「スピードライト SB-800」を使用)との違いについて紹介していきたい。