[画像のクリックで拡大表示]

 新iPhoneやiOS 11の正式版がリリースされたことで、AR(Augmented Reality:拡張現実)が話題となっている。

 ARとは、現実の風景にさまざまな情報を重ね合わせて表示するテクノロジーのこと。「セカイカメラ」や「ポケモンGO」などで、すでに体験している人も多いだろう。

新iPhoneでは、ARがより滑らかに使える

 今、ARが話題になっているのは、アップルがiOS 11のアプリ開発者向けに、ARアプリやARゲームを開発するプログラムをまとめた「ARKit」を提供したため。ARは、これまで簡単に開発できるものではなかったが、このARKitを使えば、AR開発のノウハウがない開発者でもARアプリが開発できるようになる。実際、多くの開発者がARKitを使ってARアプリ・ARゲームを開発し、App Storeで公開し始めている。

 例えば、iOS 11に搭載されている純正「マップ」アプリの「VRモード」は、その代表例。この機能を使えば、見ている方角に合わせて画面内の建物表示を変えたり、仮想の街を探索したりすることができる。実はこの機能もARKitを使って実現したもの。

 ARkitを使って開発したアプリはiPhone 6s以降の機種で動作する。しかしiPhone 8/8 Plusは、搭載しているチップ「A11 Bionic」のおかげで、ARをよりリアルでスムーズに表示できる。

 そこで、どういった使い方ができるのかiPhone 8 Plusで試してみることにした。

マップアプリのFlyover機能にはVRモードが用意されている。iPhoneをむけた方向の町並みを確認できる。
[画像のクリックで拡大表示]