[画像のクリックで拡大表示]

 2017年9月22日に発売されたiPhone 8/8 Plus。発売当日に8 Plusの実機を入手できたので、実際に使ってみた感想をレビューする。今回は、カメラ機能に着目。昨年の機種「iPhone 7 Plus」と比べてどこまで向上したのか見ていこう。

プロは高く評価しているが……

 iPhone 8 Plusは、7 Plusから採用されている広角レンズと望遠レンズの2つを搭載するデュアルカメラに対応。2つのレンズが一体となり、ズーム機能や背景をぼかせる「ポートレートモード」が機能する。これらの機能により、被写体を拡大して撮影したり、一眼カメラのような印象的な写真を撮影できるのだ。

 ここで7 Plusと8 Plusのカメラスペックを比較してみよう。(赤字が変更点)

7 Plusと8 Plusのカメラスペック比較表(赤字が変更点)
[画像のクリックで拡大表示]

 このように、一部の機能が強化されてはいるものの、スペック的には変わらないところも多い。

 だが、SNSでのユーザーの声を見ると、8 Plusのカメラ機能を高く評価する声が目立つ。その傾向は特にプロカメラマンに顕著で、8 Plusを高く評価しているようだ。プロカメラマンではないユーザーでも、その効果を実感できるのだろうか。  

 そこで今回は、7 Plusと8 Plusのカメラ機能を一般ユーザー目線で比較した。ユーザーがよく使うであろう「ズーム機能」と、背景をぼかした写真を撮れる「ポートレートモード」、そして「暗い場所での撮影」という3つのポイントに着目して試してみた。