今年のゲームショウでは、スマホVRやARを用いた新作発表やイベントを実施しているところが多い。だが、最新技術のVRやARアプリを見たいなら、Gugenka from CS-REPORTERSブースも訪れてみよう。今週公開されたiOS11のARKitを活用した最新アプリのほか、「Re:ゼロから始める異世界生活」や「エロマンガ先生」、「DiVE!!」「KING OF PRISM by PrettyRhythm」など人気アニメを題材にしたVRアプリも体験できる。

[画像のクリックで拡大表示]

 SNSや口コミで“iPhoneがiOS11でAR対応だ”といった話題をきいても、実際にどんなものかピンとこない人もいるだろう。そんな人は、Gugenkaブースで10月発売予定のアプリ「Holo Models」を体験してみよう。

 AR自体は以前から何度か話題になっており、一昔前のアプリだとカメラで特定の記号が描かれたARマーカーを映すと、ARマーカーの上に人形が乗っているといったアプリが多かった。

 だが、ARKitではそういったマーカーなしに現実の水平の平面を認識できる。たとえば机の上の好きな場所に仮想のフィギュアをおいて、様々な方向から眺めるといったことが可能になる。昔のようなARマーカーは必要ない。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 HoloModelsではフィギュアを好きな場所に置けるほか、走らせたり踊ったり、好きなポーズをつけたりといった操作が可能だ。今後はこの技術を様々なコンテンツで活用したいという。

[画像のクリックで拡大表示]