auユーザーは新しいiPhoneへ買い替える際、新しい料金プランを選べるようになった。だがこの新プランは、スマホ端末代をサポートする「毎月割」が適用されないなど、今までと違ってややこしい面もある。
 iPhone 8 /8 Plusを購入する場合、新プランのほうがお得なのだろうか? 詳しく解説する。

[画像のクリックで拡大表示]

 auは、新料金プランの「auピタットプラン」および「auフラットプラン」を、2017年9月22日以降に新しく購入したiPhoneにも提供すると発表した。今年のiPhone新機種「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」を含め、auのiPhoneを購入するときに新料金プランを選べるようになった。

 気になるのは、auの新プランを選ぶことで、従来の旧プランよりもiPhoneをお得に購入できるのかどうかだ。

 そこで、au版のiPhone 8 / 8 Plusを購入する場合のコストを新プランと旧プランにおいて試算し、新プランで得をするのか探ってみよう。

新プランはどんなプラン?

 最初にauの新プランをチェックしよう。以下の表は、「auピタットプラン」と「auフラットプラン」の月額料金を通信容量別にまとめたものだ。なお、いずれも自動更新がある2年契約「誰でも割」適用時の価格となる。

au新プランの月額料金一覧
[画像のクリックで拡大表示]

「auピタットプラン」は、使った通信量に応じて、月額料金が5段階で変動する段階制の料金プランだ。

 国内宛ての通話が無料の「カケホ」、各通話最初の5分間が無料(5分を超えると20円/30秒)の「スーパーカケホ」、通話料金が30秒当たり20円掛かる従量制の「シンプル」の3タイプに分かれている。なお、シンプルを基準とした場合、月額料金の差額はスーパーカケホが500円、カケホが1500円高い。

「auフラットプラン」は、毎月一定量の通信容量が付与される月次制の料金プランだ。auピタットプランと同じく通話料の種類別に3つのタイプがあり、各タイプの差額はauピタットプランと同額となる。通信容量は月20GBまでと月30GBまでの大容量のみ。

 注意が必要なのは、新プランではスマホ端末代をサポートする「毎月割」が適用されず、スマホ端末代を全額負担しなければならない点だ。今後登場するであろうiPhoneの新機種へ機種変更するつもりなら、後述する「アップグレードプログラム」への加入が推奨される。

 なお、新プランでは、auが指定する固定通信サービスなどとセット契約すると割引が受けられる「auスマートバリュー」によって、最大で毎月1000円が値引かれる。また、2017年12月31日までの期間限定で、新規契約や機種変更のときに新プランを契約すると、1年間毎月1000円ずつ値引かれる「ビッグニュースキャンペーン」が適用される(端末を購入しない場合は対象外)。