ゲーム業界の潮流は、「VR」と「e-Sports(eスポーツ)」――。2017年9月21日に開幕した東京ゲームショウ2017(TGS2017)(9月21~22日はビジネスデイ、23~24日は一般公開日)では、そう印象付ける展示が相次いだ。

 TGSはゲーム業界の世界最大級の展示会で、昨年は27万超の来場者数を記録した。今年のTGSでは、2016年に続いてVR(バーチャルリアリティー)ゲームが大きなトピックになっている。さらに、「e-Sports(eスポーツ)」が盛り上がりを見せた。

 eスポーツでは、対戦型ゲームなどの勝敗を公開競技としてプレーヤーたちが競い、その様子を観客が見て楽しむ。今年のTGSでは、基調講演のテーマにeスポーツを据えたことに加えて、「eスポーツコーナー」内のステージを大幅に刷新。人気ゲームの大会を実施し、ネット動画配信と併せてより多くの人にeスポーツをアピールしていた。

eスポーツコーナー。盛り上がりを見せるのは、9月23~24日の一般公開日である
[画像のクリックで拡大表示]

SIEはPS VRを値下げ

 VRに関しては、2016年のTGSで新設した「VRコーナー」を、今年は「VR/ARコーナー」に改称。同コーナーには5つの国・地域から45社が出展。TGS2017全体でのVR分野の出展タイトル数は117タイトルと昨年の110を超えた。

VR/ARコーナーの様子
[画像のクリックで拡大表示]

 VR用ヘッドマウントディスプレー(HMD)として順調に売れているのが、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)の「PlayStation(PS) VR」である。2017年11月の発売以来、2017年6月時点で累計実売台数は100万台を突破している。TGS2017開催に合わせて、PS VRとポジショントラッキング(位置追跡)用のカメラをセットにした同梱版を5000円値下げして、2017年10月14日から希望小売価格4万4980円(税別)にすることを発表。今回の値下げで普及を加速させる姿勢を見せた。あわせて、品薄が続くPS VRの増産体制を敷く。

 SIEのブースには、PS VR向け新作ゲームを試遊できる専用スペースを設けてアピールしていた。例えば、人気レースゲームシリーズの最新作『グランツーリスモSPORT』をプレーできる。

SIEブース内のPS VR体験スペース
[画像のクリックで拡大表示]
『グランツーリスモSPORT』をPS VRで体験可能
[画像のクリックで拡大表示]