千葉・幕張メッセで2017年9月21日、世界最大級のゲーム・コンテンツ見本市「東京ゲームショウ2017」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)がスタートした。今年のテーマは「さあ、現実を超えた体験へ。Reality Unlocked.」だ。

 CESA(一般社団法人 コンピュータエンターテインメント協会)会長の岡村秀樹氏は21年目、今回で第27回を迎えた東京ゲームショウについて「ゲームの情報発信、あるいはさまざまなビジネスマッチングの場ということで言えば、世界有数のイベントに成長した」と自信を見せた。

[画像のクリックで拡大表示]
CESA(一般社団法人 コンピュータエンターテインメント協会)会長の岡村秀樹氏

 「ビジネスハブとしてもアジアでは他を圧倒する非常に有効なビジネスの場としても成長してきたのではないかと、CESAとしては自負している。本年は出展社数が609社と聞いている。非常に多くの企業・団体の皆様に参加していただき、国内の出展社数は過去最大となった。ここ数年は過半数が海外企業ということでワールドワイドになってきたが、その実績をさらに積み重ねていきたい」(岡村会長)

 続いて東京ゲームショウを共催する日経BP社 代表取締役社長の新実 傑氏が登壇した。

 「東京ゲームショウには数多くの企業・団体にご参加いただいており、今回は日本企業が292社と、この20年あまりでは最多となった。今年は『e-Sports X(イースポーツ クロス)』という大型ステージでe-Sportsに広くコミットしていきたい」(新実社長)

[画像のクリックで拡大表示]
日経BP社 代表取締役社長の新実 傑氏

 「今週月曜日にはe-Sports統一団体が年内にも設立されるというニュースが飛び込んできた。統一団体ができるとJOC(日本オリンピック委員会)への加盟が視野に入り、アジア競技大会や2024年のパリ五輪、28年のロス五輪で正式種目入りも期待される。もう1つがVR、ARだ。昨年はVR(仮想現実)がかなり注目されたが、今年はAR(拡張現実)、さらには現実空間と仮想空間がさらに複雑に混ざり合うMR(複合現実)にもフォーカスしている。デジタル技術の進化により、かつて夢見たSF世界が次々と実現している。最も身近に、現実を超える体験ができるのがゲームの世界だと思うので、新ムーブメントの波をさらに大きくしていきたい」(新実社長)