シルバーモデルも前面のカラーはブラックとなる

 iPhone Xのカラーバリエーションはグレーとシルバーの2色。また、カメラ機能は強力で、広角と望遠の2つのレンズを搭載。さらに両方のレンズに光学式の手ぶれ補正機構が備わっている。

 iPhone誕生から10周年経った記念モデルともいうべきiPhone X。日本での発売が待ち遠しい。

iPhone Xのカラーバリエーションはグレーとシルバーの2色となる
[画像のクリックで拡大表示]
こちらはシルバーモデル。前面のベゼルの色はホワイトではなくブラックとなる
[画像のクリックで拡大表示]
左側面には音量ボタンやサイレントマナーモードスイッチを備える。配置は従来と同じだ
[画像のクリックで拡大表示]
右側面には電源ボタンを配置する。従来よりも少し大型化された
[画像のクリックで拡大表示]
iPhone Xの背面カメラは、広角側カメラと望遠側カメラが縦に並ぶ構造に変わった。両方のカメラに光学式手ぶれ補正機構が備わるようになったのが、iPhone 7 Plusからの進化といえる
[画像のクリックで拡大表示]
下半分にはiPhoneのロゴのみが刻まれる。リサイクルなどのマークや「総務省認定」などの細かな文字は一切入っておらず、とてもスッキリしている
[画像のクリックで拡大表示]

(文/磯 修=日経トレンディネット)