Apple TV 4Kは「4K/HDR」に対応

 Apple TV 4Kは、シリーズとして初めて4K解像度での出力に対応。最新のテレビやUltra HD Blu-rayなどで採用されている高コントラスト映像規格「HDR(ハイダイナミックレンジ)」にも対応する。iTunesで増えている「4K HDR」の映画コンテンツなどを楽しめるようになる。iTunesユーザは、4K HDRバージョンが利用できるようになるとiTunesライブラリにあるHD作品が自動的にアップデートされ、4Kコンテンツを楽しめるようになるとのことだ。Apple TV 4Kでは、NetflixやAmazonプライム・ビデオなど、すでに4K HDRコンテンツを提供しているVOD(ビデオ・オンデマンド)サービスも利用できるようになる。

 Apple TV 4Kの直販価格は32GBモデルが1万9800円で、64GBモデルが2万1800円。従来モデルの第4世代Apple TVは32GBモデルが1万5800円となる。

 Apple TV 4KはiPad Proと同じ「A10X Fusion」チップを搭載。HDR規格は一般的な「HDR10」に加えて「Dolby Vision」にも対応しているので、さまざまなHDR対応4Kテレビで高画質映像を楽しめる。4Kビデオスケーラーを内蔵しているので、従来のハイビジョンコンテンツも4K解像度にアップコンバートして視聴できる。

4K/HDRのイメージ
4K/HDRのイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 Apple TV 4KはiPhone・iPadシリーズで「AirPlay」機能を使うことで、iPhone・iPad内にある映画、テレビ番組、ホームビデオ、写真をテレビに映し出すことも可能。今年後半に登場するAirPlay 2を利用すれば、複数のAirPlay 2対応スピーカーを制御することもできるようになる。

(文/安蔵 靖志=IT・家電ジャーナリスト)