iPhone Xは全面有機ELディスプレーを採用

 発表会場ではアップルのティム・クックCEOが久しぶりに「One More Thing...」と話し、iPhone Xを発表した。

 iPhone Xは5.8インチ有機ELディスプレー(2436×1125ピクセル)を採用した「Super Retina Display」を搭載。458ppi(1インチあたりのピクセル数)と、シリーズ最高の解像度を実現した。iPhone 8を含めたこれまでの全iPhoneシリーズに搭載しているホームボタンを省いた全面ディスプレーのベゼルレスデザインを採用。有効約1200万画素のカメラを2つ搭載するデュアルカメラ構成や、防水・防じん性能を備えている。カラーはスペースグレイとシルバーの2色を用意する。

アップルが2017年11月3日に発売する「iPhone X」。販売価格は11万2800円から
アップルが2017年11月3日に発売する「iPhone X」。販売価格は11万2800円から
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone Xはホームボタンを備えていないため、指紋で認証する従来のタッチIDの代わりに顔で認証する「Face ID」を採用。タッチIDの5万人に1人の誤認識から、Face IDでは100万人に1人の誤認識へと、セキュリティーも向上したとのことだ。

顔認証を実現するため、赤外線カメラやドットプロジェクターなどさまざまな技術を備えている
顔認証を実現するため、赤外線カメラやドットプロジェクターなどさまざまな技術を備えている
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone 8、iPhone Xに共通する注目ポイントとして挙げられるのが、ワイヤレス充電規格「Qi(チー)」への対応だ。Qiに対応する充電器に載せるだけで、ケーブルを挿さなくても本体に充電できる。装着するケースによっては充電できない可能性もあるが、利便性が大きく向上すると見られる。

ワイヤレス充電規格「Qi(チー)」に対応したことで、“おくだけ充電”が可能になる
ワイヤレス充電規格「Qi(チー)」に対応したことで、“おくだけ充電”が可能になる
[画像のクリックで拡大表示]

(文/安蔵 靖志=IT・家電ジャーナリスト)