Windows 10の大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」が10月17日より提供開始される。今春行われた「Creators Update」に続く大型アップデートで、Windows 10ユーザーは無償でアップデートできる。

Windows 10 Fall Creators Updateのデスクトップ画面(Insider Preview版のもの)。見た目はこれまでとあまり変わらない
[画像のクリックで拡大表示]

 Windows 10は、大型アップデートで進化を続けていくというコンセプトのOSだ。2015年7月末にリリースされたあと同年11月に最初の大型アップデート「November Update」、2016年8月に「Anniversary Update」、今年4月に「Creators Update」が行われた。今回の「Fall Creators Update」はそれに続く4回目の大型アップデートになる。当初、アップデートは不定期だったが、現在では3月と9月(春と秋)の年2回行うのが基本方針になっている。

 Fall Creators Updateはさまざまな改善、不具合の修正、機能追加が含まれているが、見た目はこれまであまり変わっていない。一番の注目ポイントは「Windows Mixed Reality」(Windows複合現実、以下Windows MR)への対応だ。